PR
※本記事はプロモーションを含みます。

ご飯300gはお米で換算すると何合?一日三食だと食べ過ぎなのか調査

ご飯300gはお米で換算すると何合?一日三食だと食べ過ぎなのか調査のアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

「ご飯300gってどれくらい?」

「お茶碗だと何杯分?」

「カロリーと糖質が気になる」

こんな疑問を解決できる記事です。

まりも
まりも

ご飯300gと聞くと、どのくらいの量なのかピンとこないかもしれませんね。

ご飯300gはお米で約0.9合となります。

一人前としてもしっかり満足できる量ですよ。

この記事では、ご飯300gの分量について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ご飯300gはどのくらいのお米の量?

ご飯300gをお米に変換すると、約130gで0.9合になります。

具体的には、ご飯とお米の量の関係を示す式は以下のとおりです。

「ご飯の重さ(g)=お米の重さ(g) × 2.2~2.3」

例:ご飯300g÷2.3=お米130.4g

一般的に1合でお米150gです。

上記の計算を利用すると、300gのご飯はお米で約130gとなりますよ。

  • お米のタイプ
  • 水分含量

によって差が出ますが、上記の式を覚えておくと便利です。

料理時に必要なお米の量を、簡単に把握できますよ。

▲目次へ戻る

300gのご飯はどれだけの量?

ご飯300gは、以下のような人にぴったりの量です。

  • 大人1人
  • 食欲旺盛な人
  • 小食な大人と子ども

なぜかというと、お茶碗一杯分で150~180gになるため。

おにぎりや炒飯にすると、子どもでもご飯300gの量でもペロリと食べてしまいますね。

まりも
まりも

運動をたくさんする子どもには、300gのご飯はちょうど良い量です。

▲目次へ戻る

一人でご飯300gは食べ過ぎ?

毎食ご飯300gを食べると、炭水化物の摂り過ぎになりますね。

まずご飯300gの栄養価は以下のとおり。

【ご飯300gの栄養価】

カロリー504kcal
糖質111g

日常生活で必要とされるエネルギー量と、炭水化物によるエネルギー摂取量の目安は以下のとおりです。

【日常生活に必要なエネルギー量】

対象一日必要
エネルギー量
炭水化物からの
エネルギー摂取量
30代男性2650kcal1325~1722kcal
30代女性2000kcal1000~1300kcal

上記のとおり、一日三食ご飯300gを食べると約1512kcalとなり、炭水化物の取り過ぎになります。

まりも
まりも

炭水化物はお米だけでなく、パンやお菓子にも含まれます。

全体のバランスを見て、摂取量を調整することが必要ですね。

活動量が少ない日は量を減らすなど、適切な管理をしてください。

▲目次へ戻る

まとめ

この記事の要点をおさらいします。

300gのご飯は、お米で換算すると約0.9合とな、お茶碗で約1.5杯分に該当しますよ。

  • 大人一人分
  • 小食な大人と子ども

で、ちょうど良い量ですね。

成人であれば、副菜を合わせればこの量でも満足できますね。

おにぎりや炒飯にすれば、子どもでもペロリと食べられちゃいます。

ただ一日三食ご飯300gを食べると、炭水化物の摂り過ぎです。

まりも
まりも

全体のバランスを意識して、過剰摂取には注意してください。

▲目次へ戻る