PR
※本記事はプロモーションを含みます。

【知らないと損】コーヒーだけの朝食で起きる体へのメリットとデメリット

【知らないと損】コーヒーだけの朝食で起きる体へのメリットとデメリットのアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

「朝食をコーヒーだけにして大丈夫?」

「健康に悪い?」

「メリットデメリットを知りたい

この記事ではそんな疑問を解決します。

まりも
まりも

多忙な朝、時間がないからとコーヒーだけで済ませがちですが、実は体に及ぼす影響は大きいです。

そこで今回は、朝食をコーヒーだけにすることのメリットとデメリットを深掘りしていきます。

朝食をコーヒーのみで済ませる生活が、どのような影響を体に与えるのか説明するので、ぜひ最後までごらんください。

スポンサーリンク

朝をコーヒーのみで過ごすメリット

朝をコーヒーのみで過ごすメリットを解説します。

メリットは以下の2つ。

  • 目覚めが良くなる
  • 摂取カロリーの削減

1つずつ解説します。

メリット①:目覚めが良くなる

朝のコーヒーのみのメリットとして、目覚めが良いことが挙げられます。

カフェインには目を覚ます効果があります。

朝一番にコーヒーを飲むことで、スムーズに目覚めることが可能ですよ。

メリット②:摂取カロリーの削減

朝ごはんでパンやごはんを食べないと、カラダに入るエネルギーの量が減ります。

これがメリットの二つ目です。

まりも
まりも

朝にコーヒーだけ飲むことで、一日に必要なエネルギーが少なくて済みますよ。

▲目次へ戻る

朝をコーヒーのみで過ごすデメリット

デメリットは以下の3つです。

  • 活力の減少
  • 体重増加のリスク
  • 胃への負担増加

1つずつ解説しますね。

デメリット①:活力の減少

朝食は1日の食事の中でも、とくに重要です。

朝食をしっかりと摂取することで、1日を通して必要なエネルギーを補給します。

まりも
まりも

朝にコーヒーのみだと、必要なエネルギーが足りません。

とくに職場や学校だと、

  • 集中力の低下
  • 体力の低下

を招いてしまいますよ。

デメリット②:体重増加のリスク

朝のコーヒーのみの習慣は、インスリンの働きを弱め、血糖値の急激な上昇を招きます。

血糖値が高い状態が続くと、脂肪の蓄積を促し、体重増加に繋がる可能性があります。

またその後の食事に注意が必要です。

まりも
まりも

カロリーを過剰摂取すると、太りやすくなりますよ。

デメリット③:胃への負担増加

空腹時にコーヒーを飲むと、胃への負担が大きくなります。

なぜならカフェインは胃酸の分泌を促し、胃腸に強い刺激を与えるためです。

まりも
まりも

胃腸の弱い人は、朝からコーヒーを飲むことは避けた方が良いでしょう。

朝食をコーヒーのみにする生活には、一見するとメリットがあるように見えます。

しかし実際には多くのデメリットがあるのです。

バランスの取れた朝食を摂った上で、コーヒーを楽しむのがいいですね。

▲目次へ戻る

初めのコーヒーはミルク入りが推奨される理由

朝の一杯はミルクを加えたコーヒーがおすすめです。

理由は、ミルクを混ぜることにより栄養価が向上し、胃や腸への負担が軽減されるため。

また朝食にバナナを1本取り入れることで、良い効果を得られますよ。

  • ミルクを加えたコーヒー
  • 栄養価の高い食事

を組み合わせることで、朝のコーヒー時間をより健康的に楽しめます。

▲目次へ戻る

まとめ

朝食をコーヒーのみにすると、デメリットの方が多いです。

コーヒーのみの朝は、

  • エネルギー不足
  • 体重増加のリスク

を高めてしまいます。

バランスの取れた朝食を摂った上で、コーヒーを楽しむのがおすすめですよ。

またブラックコーヒーを好む場合でも、ミルクを加えたり、バナナなどのエネルギー源と一緒に取るのが望ましいです。

まりも
まりも

大切なのはコーヒーを、どのようにして飲むかですよ。

朝食にコーヒーを取り入れつつも、バランスの取れた食事で一日を健康的にスタートさせましょう。

▲目次へ戻る