PR
※本記事はプロモーションを含みます。

【効果なし?】窓にプチプチ貼りで寒さ対策!冷気対策3選を紹介

窓にプチプチ防寒対策のアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

「窓からの冷気対策にプチプチは効果的?」

「プチプチの最適な貼り方は?」

「その他の寒さ対策は?」

こういった疑問を解決する記事です。

窓の冷気に悩む方に、プチプチを活用する方法が注目されています。

まりも
まりも

しかし実際に効果的な貼り方や、他の寒さ対策との組み合わせはどうすれば良いのでしょうか。

本記事では窓の冷気対策として、プチプチの正しい使用方法を詳しく解説します。

最適な貼り方や他の有効な冷気対策についても深掘りしてますので、冬の窓対策の参考にしてください。

スポンサーリンク

プチプチで窓を保温!本当に効果あるの?

プチプチは正しく選び使用することで、優れた断熱効果を発揮します。

しかし、すべてのプチプチが同じ効果を持つわけではありません。

なぜなら、

  • 一般的な梱包用プチプチ
  • 断熱専用のプチプチ

では、性能や構造に大きな違いがあるから。

オンラインショッピングで使われる一般的なプチプチは「一層構造」。一方、断熱専用のプチプチは「二重構造」です。

特徴的な気泡部分に空気が封入されていて、断熱のメリットを生み出しています。

つまり、特定のブランドの断熱プチプチを使用すれば、部屋が格段に暖かくなりますよ。

窓の外装にプチプチを貼る方法

プチプチを窓に貼り付ける方法を紹介します。

正しい手順や注意点を守ることが必要ですよ。

まず、準備するものは以下のとおり。

  • プチプチ
  • カッティングツール
  • クリーニングクロス
  • 透明な粘着テープ
  • ダブルテープ

次に貼る手順は以下のとおり。

  • 窓の清掃:窓面をきれいに拭きます。
  • プチプチのカット:窓のサイズよりも少し大きめに切り取ります。
  • 貼付け:切ったプチプチを窓に向けてダブルテープで固定します。 

注意として、ちょっとした隙間からの冷気侵入を防ぐために、窓の枠全体をカバーするように貼ること。

またガムテープなど粘着力が強いと、はがすのが大変だったり、糊の跡が残ってしまいます

まりも
まりも

粘着性が控えめの両面テープを使用するといいですね。

関連記事:防カビマスキングテープのデメリット3選【貼るときの注意点を解説】

▲目次へ戻る

窓の結露対策に外側プチプチは効果的?

冬に窓の結露を抑えるための一つの方法として、窓の外面にプチプチを貼る方法があります。

なぜならプチプチを窓に貼ることで、断熱性能が高まり、結露の原因となる温度差が軽減されるから。

まりも
まりも

窓に発生する結露は、室内外の気温差により発生し、カビの原因となりますよ。

プチプチを窓に貼り付けると、窓とプチプチの間に気層ができ、この層が結露の発生を防ぐ役割を果たします。

気層のおかげで、外からの冷気の侵入が制限され、部屋を暖かく保ってくれるのです。

まりも
まりも

しかし外側にプチプチを貼る場合、耐久性に問題があり、一時的な対策として考えてください。

窓の結露対策として「冷気ブロックパネル」のようなアイテムも効果的です。

冷気ブロックパネルを利用することで、窓下部の結露も抑えられます。

▲目次へ戻る

二重窓とプチプチ:最適な貼り方で冬の寒さを防ぐ方法

二重窓には内部の窓にプチプチを貼ると、断熱と結露防止のメリットがあります。

ただ、使用方法や種類によっては注意が必要です。

外側に貼ると日光を遮ることがあるため、部屋が薄暗くなります。

また一般的なプチプチは、断熱用として作られていません

まりも
まりも

外観や外部風景の視認性が良くないですね。

▲目次へ戻る

窓ガラスによって相性がある

窓ガラスの種類によっては、プチプチとの相性問題や固定の難しさが発生します。

  • 凹凸のあるガラス
  • 曇りガラス
  • ワイヤーや網入りのガラスとの組み合わせ

といったガラスでは、適切な使用が大切です。

間違った使用だと、ガラスが割れるリスクがあります。

二重窓にプチプチを適用する際は、種類や適用方法を考慮し、適切な手段を取ってください。

▲目次へ戻る

【注意点】プチプチを貼ったときに知っておくべきデメリット

プチプチを窓に貼ることで、以下のデメリットがあります。

  • 外の風景が見えなくなる。
  • 室内が薄暗くなる

部屋の雰囲気が下がり、友人を部屋に招くのがためらわれてしまいますね。

とくに、窓からの外の風景が隠れてしまうのも残念です。

まりも
まりも

たとえば朝起きてカーテンをあけて、外の風景を満喫できませんね。

解決策として、プチプチを窓の下部だけにする方法もあります。それでも下部の景色は見れなくなります。

プチプチを窓に貼る際は、メリットとデメリットを慎重に判断することが必要です。

▲目次へ戻る

寒さ対策!窓のプチプチを超える冷気対策TOP3

通常の窓用のプチプチを利用しても、寒さ対策に効果あります。

ただ冬の厳しい寒さには、さらに効果的な方法を追求したいところです。

そこで高い実効性を持つ、以下の3つの寒さ対策を紹介します。

  • 断熱シート
  • 窓際あったかボード
  • 断熱カーテン

冷気対策①:断熱シート

冷気対策として、プチプチよりも高い効果を持つ​「断熱シート」です。

断熱シートは単なる緩衝材としてのプチプチとは異なり、冷気をシャットアウトする目的で開発された特別なシートです。

断熱シートをガラスに密着させることで、

  • 外からの冷気の侵入
  • 部屋の暖気の逃げ

を大幅に減少させられます。

プチプチと比較しても、性能は非常に高いですね。

デメリットとして、結露や時間の経過で取れてしまうことがあります。

その際に貼り直しの手間がありますよ。

冷気対策②:窓際あったかボード

2つ目の冷気対策として、「窓際あったかボード」が高い効果を発揮します。

「窓際あったかボード」は単なる防寒対策としてだけでなく、断熱効果を高める目的で開発された特別なボードです。

まりも
まりも

窓際あったかボードを窓際に配置することで、冷気の侵入を大幅に抑制し、部屋の暖気をしっかりとキープできます。

デメリットとして

  • 窓の開閉がしにくいこと
  • 位置調整の手間

がありますね。

冷気対策③:断熱カーテン

3つ目の冷気対策として「断熱カーテン」​がおすすめです。

断熱カーテン​を採用すると、カーテンと窓の間に安定した空気の層ができるので、室内の保温効果を強化します。

寒冷な日に部屋が暖かく感じることが増え、外部からの冷気の侵入が大きく抑制されます。

デメリットとしては、

  • カーテンの端からの冷気の侵入
  • カーテンを開閉するたびの保温効果の低下

などを考える必要があります。

冷気対策を詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

>>勝手口の冷気を防ぐ【冬を暖かく過ごす】効果的な寒さ対策方法7選

▲目次へ戻る

まとめ

窓にプチプチを貼る防寒対策は、しっかりと効果があります。

この記事をおさらいします。

  • プチプチには保温性がある。
  • 結露防止にも有効。
  • 窓の外面に貼るのも効果的。
  • プチプチを貼る際は、空気の隙間を作らない。
  • 二重構造の窓では、内側だとより効果が上がる。
  • 適切な位置への貼り付けで、明らかな保温効果を実感できる。

プチプチを窓に適用すると、冷たい季節でも温かさをキープできます。

プチプチを貼ったけど、寒さ対策に満足できない場合は、以下の冷気対策を取り入れてみてください。

  • 断熱シート
  • 窓際あったかボード
  • 断熱カーテン

冷気対策を正しく使えば、効果は間違いなく体感できるでしょう。

まりも
まりも

ちょっとしたひと手間で、快適な暮らしを満喫できますよ。

▲目次へ戻る