PR
※本記事はプロモーションを含みます。

コインランドリーで毛布を洗う時の落とし穴とは?失敗しない方法を伝授!

コインランドリーで毛布を洗う時の落とし穴とは?失敗しない方法を伝授!のアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

「コインランドリーで洗って毛布をダメにしたくない」

「毛布をコインランドリーで洗うときの注意点を知りたい」

「コインランドリーでの乾燥はしても大丈夫?」

こういった疑問を解決する記事です。

毛布を自宅で洗うのは大変ですし、クリーニングに出すとコストがかかりますよね。

そんな時、コインランドリーが便利だと感じる方も多いはずです。

まりも
まりも

しかし、いざコインランドリーで洗ってみると、思わぬ落とし穴が…。

この記事ではそんな失敗を避け、毛布を安全に洗うためのコツを詳しく解説していきます。

また大切な毛布を安心して洗うための手順や費用も紹介するので、ぜひ最後までごらんください。

スポンサーリンク

毛布をコインランドリーで安全に洗うための3つの重要ポイント

毛布をコインランドリーで洗濯する際、以下の3つに注意してください。

  • 洗濯表示のチェック
  • 適正なサイズの洗濯機を選択
  • 過剰な乾燥で毛布の品質を守る

上記のポイントを怠ると毛布が痛む、または縮むことにつながる可能性があります。

ポイント①:洗濯表示のチェック

毛布には必ず洗濯方法を示すタグが付いています。

コインランドリーを利用する前に、この表示を必ず確認しましょう。

多くの毛布は綿やポリエステル製で、通常の洗濯で問題なく清潔にできます。

しかし以下のような素材などは、洗濯することで損傷する恐れがあります。

  • デリケートな素材を使用しているもの
  • 特殊な構造の毛布

「洗濯不可」と表示されている場合は、手洗いの指示があります。

まりも
まりも

コインランドリーではなく手洗いを選択し、専用の洗剤を使用してやさしく洗いましょう。

安全かつ効果的に毛布を洗濯するためには、これらのポイントを守ることが重要ですよ。

ポイント②:適正なサイズの洗濯機を選択

コインランドリーで大容量の洗濯機を選ぶと、料金はそれなりにかかります。

コスト削減のためといって、容量が小さい洗濯機に毛布を詰め込むのは、洗濯の効果を下げるためNGです。

まりも
まりも

乾燥機の場合も同じ。詰め込みすぎると、毛布が均等にふんわりと乾燥しない事態になります。

毛布の大きさや重さに合った洗濯機で洗いましょう。

ポイント③:過剰な乾燥で毛布の品質を守る

過度の乾燥は化学繊維製の毛布に対して、縮みや生地の損傷を引き起こす可能性があります。

とくにアクリルやポリエステル製の毛布は、高温での乾燥により

  • 硬くなる
  • 毛玉が形成される

といったことがあります。

コインランドリーの乾燥機は強力です。

洗濯物をすばやく乾燥させますが、毛布の質感を損ねる原因となることも。

乾燥機の温度設定は低めに保ち、ときどき乾燥の進行を確認することが重要です。

まりも
まりも

また完全に乾燥するよりも、部分的に乾かした後に自然乾燥をおすすめしますよ。

乾燥機を使用する日程は、晴天が続く日を選び、自然乾燥にも配慮すると良いでしょう。

乾燥機で毛布を乾かした際に発生する静電気は、毛玉の原因にもなります。

静電気を防ぐためには、

  • 柔軟剤
  • 柔軟剤シート

が役立ちますよ。

▲目次へ戻る

洗濯ネットの使用を推奨

コインランドリーを使用して毛布を洗濯する際は、洗濯ネットを活用してください。

なぜなら直接洗濯機に入れて洗うと、

  • 毛布に毛玉ができる
  • 生地が損傷する

リスクがあるためです。

洗濯用の大型ネットは、100円ショップやインターネット通販で手軽にゲットできます。

便利な持ち手付きのモデルもあり、コインランドリーまでの持ち運びも楽になりますよ。

まりも
まりも

もし洗濯ネットが手元にない場合は、色落ちの心配がない紐で毛布をしっかりと結びつけてください。

しかし乾燥のときには、毛布をネットから取り出して行いましょう。

ネットに入れたまま乾燥させると、毛布全体に熱が均等に行き渡らず、部分的に湿ったままになりますよ。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

▲目次へ戻る

コインランドリーで毛布を手軽に洗う手順と費用

コインランドリーを使用して毛布を洗う手順は、以下の2ステップです。

  • 毛布をランドリーバッグに入れる
  • 必要なコインを投入して、洗濯を開始する

コインランドリーの使用料金は、

  • 設備の規模
  • ブランド
  • 使用する時間帯

によって異なります。

一般的には約30分の洗濯で約500円、乾燥機は約10分100円が目安です。

コインランドリーには毛布のサイズや重量に合わせた、さまざまな容量の洗濯機が用意されています。

たとえば、以下の容量が設置されています。

  • 8kg用
  • 15kg用

洗濯する前に毛布の重さを確認しておくと、適切な機種を選べます。

最新のコインランドリー店舗はデザイン性が高く、スタッフのサポートを受けられる場所も増えています。

操作方法が不明な場合は、スタッフに尋ねるのが良いでしょう。

まりも
まりも

さらにコインランドリーでは毛布以外にも、靴専用の洗濯・乾燥機が設置されていることもあります。

さまざまな洗い物を一緒に持参すると、洗濯の効率を上げられますよ。

▲目次へ戻る

コインランドリーでの毛布洗いのメリットとデメリット

コインランドリーを利用して毛布を洗う際のメリットとデメリットを解説します。

メリットは洗濯から乾燥までスムーズに行える

洗濯から乾燥までスムーズに行える点が大きな魅力です。

家庭での毛布洗いは、

  • 洗濯機への収納
  • 重くなった後の取り扱い
  • 干す作業

など、かなりの労力を要します。

一方、コインランドリーを利用すれば、操作はボタン一つで完了。

大容量の洗濯機を使用するため、

  • 毛布は隅々まで洗浄できる
  • 乾燥機の熱がダニを退治する

といった効果も期待できますよ。

実際、コインランドリーでは80%以上の除去効果があるとされていますよ。

デメリットは持ち運びが大変

コインランドリーを利用する際、自宅から大きな毛布を運ぶのは少々手間がかかることがデメリットです。

また、到着してから洗濯機がすべて使用中であることもあり得ます。

次の機械が空くまでの待ち時間を、どのように過ごすかも計画しておくと良いでしょう。

たとえば、

  • 近くのカフェで一休みする
  • 読書を楽しむ

するのも一つの方法です。

コインランドリー利用時の小さな不便さにも対策を考えておきましょう。

▲目次へ戻る

毛布をコインランドリーに持ち込む際の搬送方法

毛布は大きさとボリュームから持ち運びに工夫が必要です。

複数枚の毛布をコインランドリーへ運ぶ場合は、車を利用するのが一番手軽です。

まりも
まりも

もし毛布が一枚だけであれば、大容量の収納袋に入れて持ち運ぶと良いでしょう。

市販されている持ち手付きの大型洗濯ネットを使用すれば、洗濯後に手ぶらで帰宅できますよ。

▲目次へ戻る

タンブラー乾燥不可の毛布対応策

タンブラー乾燥とは、乾燥機で衣類や寝具を乾かす方法を指します。

多くの毛布は、

  • ウール
  • アクリル
  • ポリエステル

などの素材で作られています。

ウール素材の毛布は熱に弱く縮みやすいので、コインランドリーには不向きです。

ウール素材の毛布は、クリーニング店などの専門店に出しましょう。

まりも
まりも

またポリエステルやアクリル製の毛布でも、「タンブラー乾燥禁止」の表記があります。

乾燥機を使用すると、

  • 毛布が硬くなる
  • 毛玉が発生する

といったリスクがあります。乾燥機の使用は基本的に避けてください。

▲目次へ戻る

まとめ:宅配クリーニングサービスも検討しよう

コインランドリーは簡単に毛布洗いも行えます。

しかしコインランドリーで洗う際には、以下のポイントに気を付けてください。

  • 洗濯表示のチェック
  • 適正なサイズの洗濯機を選択
  • 過剰な乾燥で毛布の品質を守る

注意ポイントを守って、毛布を清潔に保ちましょう。

まりも
まりも

もしコインランドリーが不安なら、プロの手に任せるのがいいでしょう。

とくに時間や手間を考えると、宅配クリーニングサービスが便利です。

たとえば「リネット」は、毛布一枚からでもクリーニングを受け付けており、価格も手頃です。

宅配クリーニングは、

  • 外出が難しい方
  • 忙しい方

にとって大きな助けとなりますよ。

詳しく知りたい方は、宅配クリーニング「リネット」の詳細をチェックしてみてください

▲目次へ戻る