PR
※本記事はプロモーションを含みます。

【解消】唐揚げがベチャベチャになる4つの原因!サクサクに変える対処方を紹介

【解消】唐揚げがベチャベチャになる4つの原因!サクサクに変える対処方を紹介のアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

唐揚げは幅広い年齢層に人気のある料理です。

外食で食べる唐揚げも良いですが、自宅で自分の好きな味で揚げたものは、特別な美味しさがありますね。

まりも
まりも

しかし家で唐揚げを作ってみると、衣が思うようにサクサクにならずに、ドロドロとしてしまうことがあります。

衣がドロドロになる主な原因として、以下の点が挙げられます。

  • 使用している油の温度が適切でない
  • 鶏肉についた調味料の水分が過剰にある
  • 衣をつけた直後に揚げずに放置してしまう
  • 揚げる過程で鶏肉を触り過ぎる

上記の問題を解決することで、理想的なサクッとした唐揚げを作ることができます。

この記事では、衣がベチャベチャになる原因と対処法を解説します。

さらに美味しい唐揚げを揚げるコツも紹介するので、ぜひ最後までごらんください。

スポンサーリンク

唐揚げの衣がベチャベチャになる4つの原因

先に少し触れた通り、自宅で作る唐揚げの衣が柔らかくなる原因は、以下の4つです。

  • 油の温度が適切でないこと
  • 鶏肉に残った調味料の水分量が多すぎる
  • 衣をつけてから油で揚げるまでの時間が短すぎる
  • 揚げている間に衣を触りすぎる

これらの原因について、具体的に解説する前に、衣の重要性について軽く触れておきましょう。

衣の役割とは

揚げ物は高温の油で調理することによって、食材の内部の水分を逃がし、カリッとした食感を実現します。

衣があることで鶏肉の内部の水分を保ちつつ、外側をカリッとさせることができるのです。

さらに衣は揚げた後にも、温かさを保つ役割を果たしますよ。

まりも
まりも

衣がカリッとするのは、高温で調理することで衣内の水分が蒸発し、カリッとした食感を生み出すからです。

しかし衣内の水分が適切に蒸発せず、または油が衣の中に侵入してしまうと、衣が柔らかくなってしまいます。

ここでは、衣が柔らかくなってしまう原因を、具体的に4つのポイントに分けて解説しますね。

衣が柔らかくなる原因① 油の温度管理

最初に考えられる原因は「油の温度」です。

揚げ物の際には、油の温度管理が非常に重要なんです。

温度が低すぎると、衣からの水分蒸発が不十分になります。

まりも
まりも

温度が十分に上がっていない状態で揚げ始めたり、一度に多くの食材を入れてしまうと、油の温度が下がり、結果的に衣が柔らかくなってしまいます。

衣が柔らかくなる原因② 調味料の水分

2つ目の原因は鶏肉についた調味料の水分が、衣に影響を与える点が挙げられます。

調味液に漬けた後、そのまま衣をつけると、水分が多くなりすぎて衣が重くなってしまいます。

揚げる際に衣がはがれやすくなり、水分が逃げずに内部に留まることで、柔らかい衣になりがちです。

衣が柔らかくなる原因③ 衣をつけた直後の揚げるタイミング

次は衣をつけてから、揚げるまでの時間が短すぎることです。

衣と鶏肉が十分になじまず、揚げた際に衣がはがれやすくなります。

衣をつけた後に適切な時間を置きましょう。

まりも
まりも

衣が鶏肉にしっかりとなじみ、揚げた時に衣がはがれにくくなりますよ。

衣が柔らかくなる原因④ 揚げている間の扱い

最後は揚げている間に、衣を触りすぎることです。

衣が固まる前に触りすぎると、衣がはがれやすくなります。

結果的に柔らかい仕上がりになってしまいます。

以上、衣が柔らかくなる原因とそれぞれの詳細を見てきました。

これらの点を意識して、唐揚げを揚げる際には気をつけましょう。

▲目次へ戻る

唐揚げをサクサクに保つためのテクニック

続いて理想的な唐揚げを作るための具体的な方法を紹介します。

  • 唐揚げをサクサクに仕上げるためのポイント
  • 衣が柔らかくなってしまった場合の対策

についても触れていきますので、唐揚げ作りにぜひ役立ててください。

サクサクにする方法①:油温の正確な管理

揚げ物において、油温は極めて重要です。

油温を適切に管理することで、衣の中の水分が適切に蒸発します。

  • 外はカリッ
  • 中はジューシー

といった仕上がりになりますよ。

菜箸を油に入れて泡立ちを見ることで、大まかな油温を把握できます。

より精密な温度管理を望む場合は、キッチン用の温度計の使用しましょう。

唐揚げを揚げる際は一度に多くを揚げずに、油温が下がりすぎないように少しずつ揚げてください。

サクサクにする方法②:調味液の丁寧な処理

調味液に漬けた鶏肉から余分な液体をしっかりと取り除きましょう。

衣が適切に機能し、サクッとした仕上がりにつながりますよ。

まりも
まりも

キッチンペーパーで水気を拭き取るなどして、衣をつける前に調味液をきちんと処理しましょう。

サクサクにする方法③:衣をつけた後の待機時間

衣をつけた後、すぐに揚げるのではなく、少し時間を置いてください。

衣が鶏肉になじみ、揚げた時に衣が落ちにくくなりますよ。

5分程度の待機時間を設けると良いでしょう。

サクサクにする方法④:揚げ始めの衣の扱い

鶏肉を油に入れた直後は、衣が固まるまで触らないようにしましょう。

衣が固まり始めたら、軽く動かしても大丈夫です。

まりも
まりも

最初の1分程度は、静かに待ちましょう。

サクサクにする方法⑤:柔らかくなった衣の再加熱方法

もし唐揚げの衣が柔らかくなってしまった場合は、再加熱でカリッとできますよ。

  • フライパン
  • オーブントースター
  • 魚焼きグリル

を使って、余分な油を落としながら加熱してください。

サクッとした食感を取り戻せますよ。

具体的な方法は以下のとおりです。

  • 【フライパンでの調理方法】
    追加の油なしで中火で加熱し、余分な油が出たらキッチンペーパーで拭き取る

  • 【魚焼きグリルでの調理方法】
    網の上に置いて加熱すると、余分な油が落ちやすくなります。焦げないように注意してください。

  • 【オーブントースターでの方法】
    アルミホイルを敷いた上に唐揚げを置いて加熱すると、油がアルミホイルに吸収されサクッとします。

唐揚げの衣が柔らかくなってしまったときは、上記の方法を参考にしてください。

関連記事:オーブンでピザを上手に温め直す!加熱のコツと注意点を解説

▲目次へ戻る

揚げ焼き唐揚げの衣がベタつく問題と解決策

健康や環境意識の高まりから、家庭での揚げ焼き料理が人気を集めています。

しかし揚げ焼きで使用する片栗粉が原因で、唐揚げの衣が思いのほかベタついてしまう場合があります。

揚げ焼きの唐揚げが衣でべたつく原因と対応策を詳しく見ていきましょう。

解決策① 正確な油温の維持

揚げ焼きでは、油の温度がキーポイントです。

少量の油で行うため、特に温度管理が重要になります。

肉を入れる前に油を十分に温め、食材がジュワッという音を立て始めたら、火力を調整してください。

まりも
まりも

加熱の最終段階で再び火力を上げ、余分な水分を飛ばすことで、カリッとした仕上がりになりますよ。

解決策② 触らずに待つ

揚げ焼きの場合、片栗粉の衣はフライパンに触れる面積が大きく、衣がフライパンにくっつきやすいです。

衣が完全に固まるまで、食材を動かさないようにしましょう。

返す必要がある場合は、衣が固まってからフライ返しで慎重に行うことで、衣が剥がれにくくなりますよ。

▲目次へ戻る

まとめ

揚げ焼きで唐揚げを作る際に、衣がベタつく原因として、

  • 油の温度が不十分である
  • 加熱中に食材を触りすぎる

といったことが挙げられます。

唐揚げを揚げるときも、衣が柔らかくなる原因も同じです。

サクサクに保つために、以下の方法を試しましょう。

  • 調味液の水分をしっかりと取り除く
  • 衣をつけた後に、適切な時間を置いてから調理を開始する
  • 加熱中は温度管理に注意する
  • 食材を触らないように心がける

上記の方法をすることで、揚げ焼き唐揚げもサクッと美味しく仕上がります。

これらのポイントを抑えて、サクッとした唐揚げを作って下さい。

▲目次へ戻る