PR
※本記事はプロモーションを含みます。

冷凍ひき肉をそのまま料理に利用する方法!向いている料理と向いていない料理を紹介

冷凍ひき肉をそのまま料理に利用する方法!向いている料理と向いていない料理を紹介のアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

この記事では、冷凍ひき肉を解凍せずにそのまま使う方法とそのメリットを掘り下げています。

ひき肉は腐敗しやすく、保存方法として冷凍が推奨されます。

まりも
まりも

一方で解凍は時間がかかり、場合によっては不均一な結果が出てしまうことも。

そこで解凍を省略し、直接冷凍状態のひき肉を使用するレシピを提案します。

この手法を利用することで、料理の準備時間を短縮し、簡単においしい食事が作れるようになります。

ひき肉を解凍せずにそのまま使う方法の詳細やメリットに興味がある方は、ぜひこの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

冷凍ひき肉をそのまま使って料理するメリット

冷凍状態のひき肉は、解凍せずとも直接調理に使えます。

解凍の手間を省くことができ、さらに調理時間も大幅に削減されますよ。

まりも
まりも

解凍時に生じがちなムラがないため、料理が均一に仕上がるメリットもあります。

この方法で、手軽に美味しい料理を楽しむことが可能です。

ただし、料理の種類によっては解凍が必要な場合もあります。

次に、解凍せずに作れる料理と作れない料理について詳しく解説します。

▲目次へ戻る

冷凍ひき肉をそのまま使うことが適した料理

冷凍のひき肉を解凍せずに作れる料理は、以下のとおりです。

  • 煮込み料理
  • そぼろ料理
  • 形成を必要としない料理

煮込み料理やそぼろ料理は、冷凍ひき肉を使うのにピッタリです。

煮込み料理では、じっくりと加熱することでひき肉全体に火が通ります。

そぼろ料理には、ぱらぱらと冷凍された市販のひき肉がちょうど良いですね。

仕上げに加えるだけで、料理に深みとボリュームを出せます。

一方、

  • 食材を混ぜ合わせる
  • 形を整える

といったハンバーグや餃子のような料理は、冷凍ひき肉では難しいです。

ハンバーグや餃子を作る際は、冷凍していないひき肉を使いましょう。

▲目次へ戻る

解凍せずに使える冷凍ひき肉の便利なレシピ集

冷凍ひき肉は解凍する手間を省くことができ、すぐに料理に利用可能です。

  • 家庭で冷凍しているかたまり状のひき肉
  • 使いやすくパラパラに冷凍された市販のひき肉

それぞれの使い方をご紹介します。

これらの簡単レシピを試してみてくださいね。

かたまり状の冷凍ひき肉を使ったレシピ①:炊飯器ミートソース

炊飯器ミートソースは、炊飯器に冷凍ひき肉とトマト缶を加え、炊飯ボタンを押すだけでOKです。

冷凍状態のままでもしっかりと加熱されるため、安全に調理ができます。

炒めないため、ひき肉がふんわりと仕上がるんです。

まりも
まりも

作ったミートソースは冷凍保存も可能で、後日再利用できますよ。

かたまり状の冷凍ひき肉を使ったレシピ②:厚揚げの肉味噌和え

花山椒や豆板醤を加えることで、マーボ豆腐風の味わいが楽しめます。

焼き肉のタレで味付けするため、味が一定に仕上がります。

電子レンジだけで完成するので、急な来客時にも対応可能です。

パラパラと冷凍されたひき肉を使ったレシピ①:肉味噌キャベツ

メイン料理としても十分なボリューム感のある一品です。

パラパラと冷凍されたひき肉は、すぐに加熱できるため手早く調理が可能です。

まりも
まりも

調味料を事前に混ぜておくことで、炒める際に素早く仕上げられます。

パラパラと冷凍されたひき肉を使ったレシピ②:レンジで甘辛そぼろうどん

冷凍ひき肉と冷凍うどんを活用した簡単レシピです。

すべてを器に入れ、電子レンジで加熱するだけで完成するので、忙しい日にピッタリです。

甘辛い味付けが食欲をそそります。

パラパラと冷凍されたひき肉を使ったレシピ③:キーマカレー

大豆ミートの代わりに、豚肉や合いびき肉を使用しても美味しく作れます。

野菜とひき肉を使うことで、通常のカレーより煮込み時間を短縮できるのが特徴です。

まりも
まりも

色と味のアクセントにパプリカがおすすめです。

▲目次へ戻る

まとめ:解凍せずにすぐ使える冷凍ひき肉レシピ

解凍せずに冷凍ひき肉を使用することで、調理が手軽になります。

かたまり状の冷凍ひき肉は、煮込みや電子レンジ使用のレシピに向いています。

市販のパラパラに冷凍されたひき肉は非常に便利で、さまざまな料理に迅速に使えますよ。