PR
※本記事はプロモーションを含みます。

【いらない?】自治会がなくなるとどうなる?5つのデメリットを解説

自治会がなくなるとどうなるのアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

「自治会の若い人があまり参加しない」

「自治会がなくなったらどうなるの?」

「自治会をどうやって続けていくかのアイデアは?」

こういった悩みを解決する記事です。

自治会で世代交代するのが大変だったり、若い人があまり参加しないという問題をよく聞きます。

まりも
まりも

実際に東京の自治会や町内会の数は、2016年~2022年で144減少しています。

自治会がなくなったら、地域にどんな影響があるか、ちゃんと考えないといけません。

この記事では、自治会がなくなるとどんな悪いことが起きるか、主な5つのデメリットを解説します。

また自治会の活性化や縮小させる活動方法を紹介しますので、ぜひ最後までごらんください。

スポンサーリンク

自治会がなくなるとどうなる?5つのデメリット

自治会がなくなることのデメリットは、以下の5つです。

  • 地域コミュニティの弱体化
  • 行政への意見が伝えにくくなる
  • 地域の安全・安心の低下
  • ゴミ処理や清掃が難しくなる
  • 災害時の対応力の低下

1つずつ解説しますね。

【デメリット①】地域コミュニティの弱体化

まず地域コミュニティは弱体化します。

なぜなら自治会が地域住民の絆を強め、情報交換の場を提供しているため。

具体的には、

  • 自治会の人が集まるイベント
  • 話し合いの場を作れる

など、地域の人たちとの交流の機会が減ります。

自治会がなくなると、上記の集まれる場所やイベントがなくなります。

【デメリット②】行政への意見が伝えにくくなる

地域住民の声を市役所や、役所に届ける方法が失われますね。

自治会は住民の意見をまとめて、役所に伝える大切な役割を果たしています。

たとえば、以下のようなものです。

  • 公園のメンテナンス
  • 地域の安全対策
  • 害虫の駆除

自治体がなくなることで、あなた自身で伝えたい声を直接役所に伝える必要がでてきますね。

【デメリット③】地域の安全・安心の低下

自治会がなくなると、地域の安全や安心が心配になります。

なぜなら自治会は、地域を守るための見守りや防犯の活動をしているからです。

例えば、

  • 自治会が行う夜の見回り
  • もし何かあったときにすぐ連絡を取り合うシステム

がなくなります。

最近、日本では治安が悪くなっていると感じる人は多いです。

つまり自治会がないと、暗い夜道を一人で歩くような、少し不安な気持ちになりますね。

【デメリット④】ゴミ処理や掃除が難しくなる

地域のゴミ処理や掃除が大変になります。

なぜなら多くの地域で、自治会がゴミ処理や掃除の活動を組織しているから

具体的には自治会はゴミの分別を教えたり、地域の掃除する日を決めたりしています。

まりも
まりも

自治会がなくなることで、公園や道路がきれいに保たれるのが難しくなります。

【デメリット⑤】災害時の対応力の低下

災害時の対応が難しくなりますね。

なぜなら、

  • 災害の時に大切な情報を伝える
  • 安全な場所への避難を手伝う
  • 避難する場所の運営

など、大切な役割があるため。

災害時への対応は、個々で対応していく必要がでてきますよ。

▲目次へ戻る

自治会を維持・活性化するには?

結論から言うと、自治会を活発にするには、新しい活動を始めて、みんなが話し合うことが大切ですね。

なぜかというと、今の時代、人々の興味や必要なことが変わってきているから。

たとえば、以下の取り組みが考えられますね。

  • 若い人や新しい住民を巻き込むイベントを開く
    (楽しいワークショップやお祭りみたいなもの)
  • SNSやメールを使って、情報をみんなに早く伝える
    (こうすると、みんなが参加しやすくなる)
  • 地域の問題を解決するために、みんなで協力するプロジェクトを始める
    (みんなが一緒に働くことができる)

上記の取り組みにより、住民間のつながりが強化され、自治会の魅力が高まります。

結論として、

  • 時代に合わせた変化
  • 開かれたコミュニケーション

が自治会を活性化させる鍵となります。

ただ維持や活性化も難しい場合もあるでしょう。

次に自治会を縮小して活動させる方法を紹介します。

▲目次へ戻る

自治会を縮小して活動させる方法

結論として、「焦点を絞った活動」「効率的な運営」が必要です。

なぜなら、お金や手伝ってくれる人が少ないので、重要な活動に集中してムダを失くすことが大切だから。

たとえば、こんな感じです。

  • 必要不可欠な活動を重点に置く
    (ゴミ分別の指導、地域の安全確保)
  • 住民との情報共有やコミュニケーションの効率化
    (メール配信、SNSの活用)
  • 会議の回数を減らし、必要なときだけオンラインで会議する

上記の対策をすることで、限られた財源の中で、自治会を効率的に運営することが可能です。

まりも
まりも

つまり適切な戦略と効率的な運営をすることで、地域のための役割を果たすことができますよ。

▲目次へ戻る

まとめ

この記事をおさらいします。

自治会がなくなると、次の5つのデメリットがあります。

  • 地域コミュニティの弱体化
  • 行政への意見が伝えにくくなる
  • 地域の安全・安心が低下する
  • ゴミ処理や清掃が難しくなる
  • 災害時の対応力が低下する

自治会を続けるには新しい活動を始めたり、みんなが話し合うことが大切です。

若い人や新しい住民を巻き込むイベントを開くとか、SNSやメールで情報を共有するのもいいですね。

まりも
まりも

また自治会を小さくして活動させるなら、重要な活動に集中して無駄をなくしましょう。

たとえば、

  • ゴミの分別指導
  • 地域の安全確保
  • 会議をオンラインで済ませる

といった感じです。

自治会を続けるためには、運営方法を変えてみんなが参加しやすくする工夫が大切ですよ。

▲目次へ戻る