PR
※本記事はプロモーションを含みます。

室内で蚊取り線香を使うときのリスク【安全に使うための注意点3選】

室内で蚊取り線香を使うときのリスク【安全に使うための注意点3選】のアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

蚊取り線香は夏の風物詩として、独特の香りで多くの人に愛されてきました。

昔ながらの煙を出すタイプから、近年では無煙タイプのものまで、さまざまな製品が登場しています。

しかし室内での使用には、いくつか注意が必要です。

まりも
まりも

とくに部屋を閉め切った状態で使用するのは、避けたほうが良いとされていますよ。

そこでこの記事では、

  • 室内で蚊取り線香を使う際の注意点
  • 閉め切った状態での使用をおすすめしないのか

について、詳しく解説します。

夏の快適な夜を過ごすために、蚊取り線香の正しい使い方を学びましょう。

スポンサーリンク

室内での蚊取り線香使用時のリスク

室内で窓や扉を閉じた状態で、蚊取り線香を使うのは避けましょう。

なぜかというと、蚊取り線香から発生する「ピレスロイド」成分の煙が、長時間にわたって吸入されると、目や喉に刺激を与えるため。

アース製薬の蚊取り線香「アース渦巻香」の公式サイトにも、以下のような警告が記載されています。

閉め切った部屋やせまい部屋で使用すると、まれに目やのどに刺激を感じることもあるので、使用中は時々部屋を換気してください。

引用元:アース製薬「アース渦巻香 使用上の注意」より

「ピレスロイド」成分は、人間に対して基本的には無害です。

まりも
まりも

しかし、室内を密閉した状態での使用はおすすめしません。適切な換気を心がけてください。

▲目次へ戻る

室内で蚊取り線香を安全に使うための注意点3選

室内で蚊取り線香を使用するときには、3つのポイントに注意してください。

  • 子供が近づかないようにする
  • ペットにとって安全な場所で使用する
  • 家具や壁を汚さないように配慮する

1つずつ説明しますね。

子供が近づかないようにする

蚊取り線香は点火して使用しますが、点火後は先端部分がとても熱いです。

子供が好奇心から触れないよう、十分な注意が必要です。

まりも
まりも

とくに蚊取り線香が子供にとって珍しい存在である場合、興味を持って近づくこともあります。

蚊取り線香を倒して、火災の原因とならないように注意を払いましょう。

ペットにとって安全な場所で使用する

蚊取り線香はペットや生き物によっては、飼育上の問題が生じる場合があります。

蚊取り線香の使用が適している生き物と、避けるべき生き物がいますよ。

蚊取り線香がOK蚊取り線香がNG


ハムスター
小型の鳥類
昆虫
両生類
爬虫類
金魚やその他の水生生物

とくに、

  • 昆虫、両生類、爬虫類を飼育しているケージ
  • 金魚などの魚を飼育している水槽

が設置されている部屋では、蚊取り線香の使用は厳禁です。

また以下の動物は、呼吸器がデリケートです。

  • シーズー、パグ、フレンチブルドッグのような短頭種の犬
  • ヒマラヤン、ペルシャなどの猫

蚊取り線香の煙によっては、影響を受けるがあります。

室内での使用時は、人間と同様に空間を閉め切らずに、適切な換気を心がけてください。

専用設計のペット向け蚊取り線香

ペットの健康と安全を考慮した、農林水産省の承認を受けた「動物医薬部外品」として分類される専用の蚊取り線香が存在します。

ペット専用の蚊取り線香は、

  • ペットが火元に触れにくい
  • 一般的な蚊取り線香の皿のフタの穴を小さい

など、安全性に配慮した設計が施されています。

まりも
まりも

ペットにもやさしい蚊取り線香を使いたい飼い主は、ペット専用の蚊取り線香がおすすめです。

ただし使用時には壁や家具に汚れが付かないよう、適切な距離を保って使用してください。

家具や壁を汚さないように配慮する

蚊取り線香に含まれる「植物由来の混合粉末」が燃える際、ヤニを発生させることがあります。

このヤニは、

  • 家具
  • カーテン

などに付着すると、除去が困難になります。

蚊取り線香をできるだけ離れた場所に設置してください。

ヤニによる汚れは放置するほど落ちにくくなるため、定期的な清掃が必要です。

まりも
まりも

カーテンは洗濯し、壁や洗えない家具には、中性洗剤やアルコールスプレーを使用して拭き取ることが効果的です。

▲目次へ戻る

室内での蚊取り線香使用のポイント

蚊取り線香を室内で使用する際は、いくつかの重要なポイントを押さえてください。

  • 閉め切った状態での使用を避け、換気を定期的に行う
  • 子供やペットが近づけないように配慮する
  • 家具や壁にヤニ汚れを避けるため、使用場所を適切に選ぶ

蚊取り線香の香りは、多くの人にとって夏の象徴です。

全年齢層に適しており、蚊取り線香の安全性は子供や妊婦にも配慮されています。

ペットと一緒に暮らしている人は、ペット専用の蚊取り線香を使うといいですよ。

まりも
まりも

適切な換気を行いながら、効果的な蚊対策を実施しましょう。

▲目次へ戻る