PR
※本記事はプロモーションを含みます。

白湯をケトルで作ったら意味ない?作り方や飲むタイミングを解説

白湯をケトルで作ったら意味ないのアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

「白湯をケトルで作ったら意味ない?」

「白湯は水道水でいいの?」

「最適な飲むタイミングは?」

こういった疑問を解決する記事です。

冷え性改善やデトックス効果などに効果がるとされる白湯ですが、毎回の沸騰と冷却が面倒に感じられることも。

まりも
まりも

そこで、短時間で沸騰させるケトルが便利です。

でもケトルでは白湯の効果があるのか、不安を感じる方もいるでしょう。

本記事では、ケトルを使用した白湯の作り方や、適切な飲むタイミングについて解説します。

記事後半では白湯を飲むメリットや注意点もあるので、ぜひ参考にしてください。

結論

ケトルで作った白湯でも問題ありません。

スポンサーリンク

【結論】白湯はケトルで作ってもOK

結論を先に言うと、ケトルで作った白湯でも問題ありません。

理由は、白湯作りに必要なのは単に「沸騰したお湯」であるため。

ケトルで沸かしても条件は満たされるので、問題ありませんよ。

ケトルで白湯を作っても問題ないことが分かったところで、白湯自体がどのようなものなのか次の章で解説しますね。

▲目次へ戻る

そもそも白湯とは?

沸騰させたお湯を、適度に冷まして飲むもの「白湯」といいます。

白湯の起源は、インドの古代医学「アーユルヴェーダ」。この伝統的な医学は、世界でも最も古い医学の一つとされています。

白湯を飲むことで、

  • 身体の不調を整えたり
  • 体内の余分な物質

を排出する効果があるとされていますよ。

関連記事:白湯の読み方「さゆ」と「はくとう」正しいのはどっち?ラーメン屋ではなんて読む?

お湯との違い

悩む女性
悩む女性

お湯と何が違うの?

結論から言うと、白湯と普通のお湯の違いは温度と効用にあります。

具体的には、白湯は沸騰させた後に少し冷ましたお湯で、この温度が体に優しいんです。

一方で、普通のお湯は特に温度を調整せず、さまざまな日常用途に使われます。

つまり、

  • 白湯:体をケアする目的
  • 普通のお湯:日々の生活で幅広く活用

といった感じですよ。

白湯を作るときの水は?

悩む女性
悩む女性

白湯を作るときは水道水でもいいの?

白湯を作るとき、水の質が味わいに大きく影響を与えます。

具体的な水の種類と特徴は、以下のとおり。

  • 水道水:塩素が含まれることがあり、味に影響を及ぼす
  • 浄水器を通した水:コストを抑えつつ、高品質の水を得られる
  • ミネラルウォーター:天然成分が豊富で、よりまろやかな味が特徴
まりも
まりも

これはコーヒーを淹れるときの水選びに似ています。

コーヒー豆の良さを引き出すためには、良質な水の選択が大切です。

白湯にも同じことが言えて、

  • 浄水器の水
  • 軟水のミネラルウォーター

がおすすめですね。

さまざまな水を試してみて、あなたにとって最適なものを見つけるのが良いでしょう。

▲目次へ戻る

ケトルを使った白湯の作り方

ケトルを使った白湯を作る手順は、以下のとおり。

  • ケトルに水を入れて沸騰させる
  • 沸騰後、お湯を50℃くらいまで冷ます
  • カップに注いで完成

150ml〜200mlを、ゆっくりと10分かけて飲むのが効果的です。

お湯を冷ます方法はいくつかありますが、主に次の3つがおすすめです。

  • 20~30分ほど放置して自然に冷ます
  • マグカップに入れて、水道水や氷水の入った容器に浸して早く冷ます
  • 冷たい湯呑みを数個用意して、4~5回入れ替えて冷ます
    (冷たい湯呑みに入れると、約10℃温度が下がります)

上記の方法を試して、あなたにとって美味しいと感じる温度を見つけてください。

白湯の温度は味わいや感覚に影響を与えるので、ぜひ自分に合った方法で楽しんでみてくださいね。

▲目次へ戻る

白湯を飲むタイミングは起床時と就寝前

結論から言うと、以下のタイミングがおすすめです。

  • 起床時
  • 就寝前

1つずつ解説しますね。

起床時に飲む

起床時に白湯を飲むことは、一日を活動的に過ごすための効果的な方法です。

なぜなら夜間に失われた水分を補い、体温を上げることで、スッキリとした目覚めを促すから。

実際に白湯を飲むことで体が温まり、代謝が活発になります。

朝から元気を得られ、一日の活力を得られますよ。

就寝前に飲む

就寝前に白湯を飲むことは、良質な睡眠を促進するために効果的です。

なぜなら、温かい白湯が体をリラックスさせ、心地よい睡眠に導くから。

具体的には、白湯を飲むと体温が少し上がり、心身がリラックス状態に入りやすくなります。

リラックスした状態は深い睡眠につながり、睡眠の質を高める効果がありますよ。

まりも
まりも

つまり、就寝前に白湯を飲むことは、安らかな夜を過ごすための簡単で効果的な方法です!

▲目次へ戻る

白湯を飲む5つのメリット

白湯を飲むことには、体に多くの良い効果をもたらします。

白湯の主なメリットは以下の5つ。

  • 便秘の解消
  • 冷え性の改善
  • 基礎代謝の向上
  • デトックス効果
  • 免疫力のアップ

白湯を毎日の習慣に取り入れることで、健康や美容にさまざまなメリットが期待できます。

▲目次へ戻る

白湯を飲むときの注意点4選

ただ白湯を飲むときは、注意するポイントがあります。

注意点は以下の4つ。

  • 飲み過ぎに注意
  • 食前や食後に注意
  • 一気に飲まない
  • 適温で飲む

1つずつ解説しますね。

飲み過ぎに注意

白湯は健康や美容に良い影響を与えるとされていますが、飲みすぎには注意が必要です。

なぜなら、白湯は体に水分を吸収させやすい特性がありますが、過剰に摂取すると体内の水分バランスが崩れる恐れがあるため。

具体的には、飲みすぎると体が水分を過多に保持し、むくみや頻尿の原因になることがあります。

まりも
まりも

1日の飲む量は、600ml〜800ml程度にしておきましょう。

食前や食後に注意

食前や食後に飲むときも注意が必要です。

理由は、食事で摂った栄養素の吸収を妨げるため。

食前や食後30分以内に白湯を飲むと、食事で摂取した栄養の吸収効率が低下する恐れがあります。

したがって、白湯を飲む最適なタイミングは、食事から30分以上経過した後がおすすめです。

一気に飲まない

白湯を一気に飲むのは避けましょう。

なぜなら一気に飲むと、胃液が薄まり消化不良を起こすため。

理想的な飲み方は、10分ほどかけてチビチビ飲むことです。

少しずつ口に含んで、ゆっくりと体内に取り入れることが大切ですよ。

適温で飲む

白湯を飲む最適な温度は、50~60℃です。

理由は、温度が低すぎると白湯の健康効果が減少するため。

また逆に熱すぎると、口やのどをヤケドするリスクがあります。

まりも
まりも

理想的な温度は、人肌よりも少し熱めで、快適に飲める温度ですよ。

▲目次へ戻る

まとめ:一杯分の白湯を飲んで1日をスタートしよう!

この記事をおさらいします。

  • 白湯の作り方
    • ケトルを使用して白湯を作るのに問題なし
    • 軟水のミネラルウォーターがおすすめ

  • 飲むタイミング
    • 朝起きときと寝る前がベスト
    • 健康や美容に良い効果あり

  • 一気に飲んだり、飲み過ぎに注意
    • 一気に飲んだり、過剰に摂取するのは避ける
    • 適温で飲むことが重要

毎日続けることで、白湯の健康メリットを最大限に得られます。

マグカップ一杯分の白湯を、朝と夜にゆっくりと飲んで、健康的なライフスタイルを始めてみてください。

▲目次へ戻る