PR
※本記事はプロモーションを含みます。

「迎える」と「向かえる」の意味の違いは?具体例で使い分けを解説

「迎える」と「向かえる」の意味の違いはのアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

「迎えると向かえるの意味の違いは?」

「具体的な使い分けは?」

まりも
まりも

「迎える」と「向かえる」は言葉の響きは似ていますが、それぞれ異なる意味を持っています。

これらの言葉の違いを正しく理解し、適切な使い分けが重要です。

本記事では、「迎える」と「向かえる」の意味の違いと、正しい使い方について解説します。

言葉の正しい使い方を学び、正確な文章を書くための参考にしてください。

結論

迎える:何かや誰かを歓迎し、受け入れること

向かえる:自分から行動すること

スポンサーリンク

迎えるの意味

「迎える」という言葉には複数の意味がありますが、一般的には以下のように使われます。

  • 招待する
  • 立って人を待つ
  • 敵を待ち受ける
  • 家族として受け入れる
  • ある時期や状況に立ち向かう

すべてに共通しているのは、

まりも
まりも

何かが自分の方へやって来る状況に対して、それを受け入れる

というニュアンスです。

たとえば「歓迎会」や「迎撃ミサイル」で使われる場合、自分に近づくものに対して、何らかの行動を起こすことを指しますよ。

▲目次へ戻る

向かえるの意味

「向かえる」という言葉は、辞書には独立した単語として登録されていません。

「向かう」に「れる」(可能形)が付いた形で、「向かうことができる」という意味を持ちます。

たとえば、「雨が止めば公園に向かえる」という場合、「雨が止んだら公園に行くことができる」と解釈されます。

まりも
まりも

また、この言葉は「向かう」の受け身形としては使用されません。

▲目次へ戻る

「迎える」と「向かう」の違い

「迎える」と「向かう」は表面的に似ているものの、使い方や意味には明確な違いがあります。

日常のコミュニケーションで、これらの言葉を正確に使い分けることが大切です。

「迎える」は受け入れる側の視点

「迎える」は何かが自分の方に来る状況で用いられ、主に受け入れる側の視点を示します。

たとえば、

  • 訪問者が到着するのを待つ
  • 新しい季節や時代の到来を迎える

などが該当します。

ここでは、動作の主体は「迎える」側にあり、待ち受けるという受動的な立場を示していますよ。

「向かう」は進む側の視点

「向かう」は自分が何かに向かって進むことを示し、能動的な進行を意味します。

たとえば、

  • 目的地に向かって旅をする
  • 目標に向かって努力する

などですね。

行動の主体が自分自身であり、積極的な進行を示しています。

▲目次へ戻る

「迎えに行く」の場合の用法

「迎えに行く」という表現は、「行く」という動詞が含まれています。

「向かう」と混同されがちですが、意味は異なります。

「迎えに行く」という行為は、自分が積極的に移動して、特定の場所や人を迎えることを意味します

ここでのポイントは、自分が移動する目的が「迎える」ことにあるという点です。

まりも
まりも

たとえば、クライアントを駅で迎えるために出向く場合、「迎えに行く」と表現します。

ここでのキーポイントは、あなたが駅まで「向かう」のは確かです。

しかし目的はクライアントを「迎える」ためです。

つまり「迎えに行く」という表現は、移動すること自体よりも、迎えるという行動に重点を置いていますよ。

▲目次へ戻る

「迎える」と「向かえる」の実際の使用例 

「迎える」と「向かえる」を使った具体例を挙げてみましょう。

「迎える」を使った例文

「迎える」は何かが自分の方に来ることを受け入れる、またはその状況になることを指します。

以下に具体例を挙げます。

  • 新しい年度を迎えるにあたり、計画を立て直す必要がある。
    (新しい年度が始まる)
  • 子供たちが夏休みを迎えると、家はいつもにぎやかになる。
    (夏休みが始まる)
  • 会社は新しいプロジェクトを迎えるため、スタッフを増やしている。
    (新しいプロジェクトが始まる)
  • この町は四季の変わり目を迎えると、色とりどりの花が咲き始める。
    (季節の変わり目が訪れる)

「向かえる」を使った例文

次に「向かえる」は、自分が何かに対して積極的に動くことを示します。

具体例を挙げて説明しますね。

  • 明日までにはそのレポートに向かえるようにスケジュールを調整する。
    (レポート作業に取り組むことができる)
  • 体調が良ければ、週末には山登りに向かえる。
    (山登りに行くことができる)
  • プロジェクトが順調に進めば、来月中には次のフェーズに向かえる。
    (次のフェーズに進むことができる)
  • 悪天候が改善すれば、明日には海岸へピクニックに向かえるだろう。
    (海岸へピクニックに行くことができる)

上記の具体例から、

  • 「迎える」:受け入れること
  • 「向かえる」:自分から行動すること

を表すと理解できますね。

▲目次へ戻る

まとめ

「迎える」と「向かえる」の違いとそれぞれの適切な使い方についての解説をしました。

これらの言葉を正しく使い分けることで、より精確なコミュニケーションが可能になりますよ。

関連記事:買い替えと買い換えの違いは?使い分けのコツを例文で楽しく学ぶ!

関連記事:「言偏」に「京」という漢字の読み方は?由来と使い方を解説

▲目次へ戻る