PR
※本記事はプロモーションを含みます。

【神秘】ナスカの地上絵はなぜ消えないのか【どこに存在する?】

ナスカの地上絵はなぜ消えないのかのアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

「ナスカの地上絵はなんで消えないの?」

「ナスカの地上絵はいつ描かれ、どこにあるの?」

「ナスカの地上絵を見るには?」

ナスカの地上絵は、その神秘的な存在と古代文明の遺産として、多くの人々を魅了し続けています。

しかし、何千年もの間、風化せずに残るその秘密は何なのでしょうか。

まりも
まりも

実はナスカの地上絵が消えない理由には、乾燥した気候や特殊な製作技術、そして献身的な保護活動など、いくつかの重要な要因があります。

そこで本記事では、ナスカの地上絵が消えない理由やナスカの地上絵の謎に迫ります。

ナスカの地上絵の魅力を深く知るための情報をお届けしますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事:ナスカの地上絵が怖い理由4選

スポンサーリンク

ナスカの地上絵が消えない理由は5つ

ナスカの地上絵が消えない理由は以下の5つです。

  • 乾燥した気候と雨の少なさ
  • 気候による霧の形成
  • 風化に強い独特の構造
  • 生態系の影響の少なさ
  • マリア・ライヘとその後継者による守護

それぞれの理由を解説しますね。

【理由①】乾燥した気候と雨の少なさ

ナスカの地上絵が何千年もの間、消えずに残り続けている主な理由は、「乾燥した気候」にあります。

ナスカ地方の年間降水量は、わずか4mmです。

まりも
まりも

これは一般的なティースプーン約1杯分の水量に相当します。

そのため地面はほとんど湿らず、地上絵は風化しにくい状態を保っています。

この極端な乾燥条件が、地上絵の保存状態を良好に保つ重要な要因となっているのです。

【理由②】風化に強い独特の構造

ナスカの地上絵が風化しない2つ目の理由は「独特な構造」です。

地上絵は表面の小石を取り除くことで描かれ、石灰質の土が露出しています。

この石灰質の土は、湿気を含むとセメントのように固まり、風化に強くなるのです。

つまり風化に強い特殊な構造が、ナスカの地上絵を長い間守り続ける重要な役割を果たしています。

【理由③】気候による霧の形成

ナスカの地上絵が消えない3つ目の理由は、気候による「霧の形成」です。

ナスカ地方では、霧がしばしば現れて、地面を適度に湿らせます。

この霧が地上絵の石灰質の土を固めるのを助けとなります。

まりも
まりも

もう少しかみ砕くと、湿度が高くなることで土の粒子が密着して、土が固まり長持ちするようになるのです。

つまり石灰質の土を固めるのに役立ち、時間とともに風化するのを効果的に防いでくれます。

【理由④】生態系の影響の少なさ

ナスカの地上絵が長期間保存されている4つ目の理由は、地域に生息する「生物の少なさ」です。

理由はナスカ地方は乾燥しており、多くの野生動物や植物が生息していないため。

そのため、地上絵を荒らすような動物の活動が少なく、絵が長期間にわたって維持されています。

生態系が地上絵に与える影響が少ないことが、その保存状態を良好に保つ一因となっていますよ。

【理由⑤】マリア・ライヘとその後継者による守護

最後の重要な理由が「保護活動」です。

ドイツの数学者マリア・ライヘ氏が地上絵の研究と保護に尽力しました。

まりも
まりも

彼女は地上絵の掃除や展望台建設に貢献し、その後の研究者たちもこの活動を引き継いでいるんです。

これらの保護活動が、ナスカの地上絵の保存に大きく貢献しています。

▲目次へ戻る

ナスカの地上絵の謎

次にナスカの地上絵の謎に迫っていきます。

地上絵はいつごろ描かれたの?

結論から言うと、ナスカの地上絵が描かれた正確な時期は多くの謎に満ちています。

なぜなら、専門家たちはこれらの地上絵が約2000~3000年前に描かれたと推測していますが、確かな証拠はまだ見つかっていないんです。

炭素年代測定などの科学的手法が用いられています。

ですが、正確な年代を特定するのは困難です。

まりも
まりも

そのため、ナスカの地上絵の創作時期は今もなお多くの研究者にとっての大きな謎の一つとなっています。

描かれた場所はどこにあるの?

ナスカの地上絵は、南米のペルー共和国に位置しています。

具体的には、ペルーの首都リマの南約400キロメートルにある、ナスカという町の近郊に広がっています。

この地域は、ナスカ川とインヘニオ川に挟まれた乾燥した盆地状の高原にあり、そこに数百にも及ぶ地上絵が描かれています。

ナスカの地上絵はペルーの重要な観光地の一つであり、世界遺産にも登録されていますよ。

どうやって作られた?

ナスカの地上絵の作成方法は、今日でも多くの謎に包まれています。

ナスカの地上絵は単に線を描くのではなく、地表の石を取り除いて作られました。

この方法により、地下の色の異なる土が露出し、鮮明な図形を作り出しているんです。

まりも
まりも

たとえば、地上絵の中には巨大な動物の形があります。

動物の形を作るためには、

  • 複雑な計画
  • 正確な測定

が必要だったと考えられます。

しかし、これらの巨大な絵がどのようにして正確に描かれたのか、その詳細は依然として明らかになっていません。

そのため、ナスカの地上絵の製作技術は、古代の人々の高度な知識と技術を示すものとして、現代の研究者たちにとって大きな関心事となっています。

▲目次へ戻る

ナスカの地上絵にはどうやって行くの?【ツアーがベスト】

ナスカの地上絵を訪れる際、組織的なツアーの利用がおすすめです。

なぜなら、ナスカはペルーの主要都市から遠く離れており、個人での訪問は複雑な交通手段と計画が必要だから。

ツアーを利用すると、

  • 移動
  • ガイド
  • 地上絵を見るための飛行機

などの手配がすべて含まれています。

多くのツアーはリマやクスコから出発し、ナスカで小型飛行機に乗り換えて、地上絵を空から鑑賞します。

専門のガイドが同行して、地上絵の歴史や意味を詳しく解説してくれますよ。

安全かつ充実した体験を提供するツアーは、ナスカ地上絵への旅行に最適です。

▲目次へ戻る

ナスカの地上絵はいつまで残る?

ナスカ地上絵がいつまで存続するかは、自然環境人間の活動によって左右されます。

とくに、

  • 気候変動による降雨量の増加
  • 地震や洪水などの自然災害

は、地上絵に影響を及ぼす恐れがあります。

さらに、

  • 観光による踏み荒らし
  • 土地開発による破壊

などの人為的な脅威も存在します。

ペルー政府や国際社会では、以下の対策をしています。

  • 地上絵の周囲に柵を設置
  • 地上絵の状態を監視
  • AI技術を利用して保護、発掘

ナスカの地上絵がいつまで残り続けるかは、正直わかりません。

しかし、貴重な文化遺産を守るための努力が続けられる限り、ナスカ地上絵は今後も何百年、何千年と残り続けることでしょう。

▲目次へ戻る

関連記事