PR
※本記事はプロモーションを含みます。

【心得】100円玉でのお賽銭、良いのか悪いのか?縁起の良い金額を紹介

100円玉でのお賽銭、良いのか悪いのか?アイキャッチ画像 豆知識
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

「100円硬貨をお賽銭に使用するのは縁起が良い?」

「縁起の良い金額を知りたい」

こういった疑問を解決する記事です。

特別な日や大切な行事の際、多くの人が神社や寺に訪れ、縁起を担ぐためのお賽銭を捧げます。

しかしお賽銭には縁起が良い金額と、良くない金額があります。

まりも
まりも

よく持ち歩く100円玉をお賽銭として使うことは、縁起が良いのでしょうか?

本記事ではお賽銭の背景や意味、お賽銭に100円玉を使う意味を解説します。

記事後半では、縁起の良い金額やお賽銭時の正しい参拝方法も詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

結論

100円や50円硬貨は縁起が良く、10円と500円硬貨は縁起が良くないと言われています。

スポンサーリンク

お賽銭の背景と意味

まずお賽銭の背景と意味を解説します。

お賽銭は、お参りの際の重要な習慣です。

理由は、あなたの願いや感謝の気持ちを、神や仏に伝えるためのものだから。

まりも
まりも

「賽」という漢字には感謝の意が込められており、厄を避けるための役割もあります。

お賽銭は私たちの気持ちを形にしたものとして、長く受け継がれてきました。

ただ神社とお寺では、お賽銭の意義が微妙に異なります。

神社とお寺のお賽銭の意義

神社とお寺のお賽銭の特徴と意義を説明します。

まずは神社のお賽銭についてお話しします。

  • 先祖や自然、多種多様な神々への感謝や敬意を示す
  • お賽銭を箱に入れる音は、神様への参拝者の存在や願いを知らせるサイン
  • 神社の建物や境内の修復、祭りや行事の際の経費

次にお寺のお賽銭について解説します。

  • 亡くなった人への供養や仏教の教えに従う修行者への支援
  • あなたと仏との関係を深めるための方法
  • お寺の建物や仏像の修復、法要や行事の際の経費

神社は神道の信仰に基づく場所です。

お賽銭は神々への感謝や、願いを伝えるための手段として捧げられます。

一方、お寺は仏教の教えに基づく場所です。

お賽銭は供養や修行者への支援、仏との関係を深めるための手段として捧げられますよ。

▲目次へ戻る

お賽銭に100円玉を使う意味

100円玉をお賽銭として使うことには、「100の縁を結ぶ」という深い意味が込められています。

前述したように、お賽銭は以下の手段として存在しています。

  • 感謝の気持ちや敬意
  • 神様や仏様に示す

現金やお米を供えることで、感謝や敬意を形にできますよ。

またお賽銭箱に硬貨を入れる音は、神様や仏様にあなたの存在や感謝を知らせるためのものなんです。

100円玉は「100の縁を結ぶ」という意味があり、さらなる良縁や繋がりを祈願できるとされています。

まりも
まりも

また115円や125円のような組み合わせも、同じく縁起が良いですよ。

したがって、参拝時に100円のお賽銭を納めることは、感謝の気持ちや良縁を求める意味が強く、心を込めて行うことが大切ですよ。

▲目次へ戻る

100円以外で縁起の良い金額を紹介

100円以外で、一般的に知られる縁起の良い硬貨や語呂合わせを紹介します。

  • 1円玉=一つの良い縁や始まりの意味
  • 5円玉=「ご縁」で良縁を願う
  • 50円玉=「五の縁を持つ」という意味
  • 88円=多幸や繁栄を願う際の縁起物
  • 115円=「一緒に縁を」という意味
  • 125円=「一緒に縁を」という意味

縁起を担ぎたいときは、以下の硬貨や語呂合わせを選んでくださいね。

▲目次へ戻る

縁起が悪いとされる金額を紹介

反対に、縁起が悪いといわれる硬貨と組み合わせを紹介します。

  • 10円(10円玉1枚)=遠縁になる
  • 65円=ろくなご縁がない
  • 75円=なんのご縁もない
  • 85円=やはりご縁がない
  • 95円=苦しいご縁にあう
  • 500円(最大の硬貨)=これ以上大きな効果は無い

また、人から借りたお金を納めるのは良くありません。

なぜなら、「お金が返ってこない」という意味なため。

縁起を担ぎたいときは、避けたほうがいいですね。

まりも
まりも

とはいえ、上記の考え方はあくまでも迷信です。

必ずしも悪いことが起きるわけではありません。

大切なのは、参拝の際の真心や感謝の気持ちですよ。

▲目次へ戻る

お賽銭の心得

お参りのとき、お賽銭の額よりも心の感謝が重要です。

なぜなら古くからのお賽銭の伝統は、自然の恵みや収穫物を神や仏に感謝して捧げるものであり、その真髄は心の中にあるからです。

前述でも話しましたが、50円や100円の硬貨が縁起の良いお賽銭として知られています。

まりも
まりも

とくに50円玉は「五の縁を持つ」と言われ、「十倍の恩恵」をもたらすとされていますよ。

参拝の際には心からの感謝の気持ちを大切です。

どれだけの金額を供えるかより、その意味を深く考えることが求められています。

▲目次へ戻る

正しい参拝方法を解説

最後に神社とお寺での正しい参拝方法も解説しますね。

神社の正しい参拝の仕方

神社での参拝には特定の手順があり、従うことで心を正して神様に敬意を表します。

手順は以下のとおりです。

  • お賽銭を供えて体を正す
  • お賽銭箱に鈴があれば、その音で気を清める
  • 2回のおじぎ、2回の拍手、再びおじぎをして参拝
  • 参拝を終えて退場する際には、鳥居の端で礼をする

神社には多くの小祠がありますが、時間があるなら参拝してください。

神社での参拝は、正しい手順に従いながら、心の中での敬意や感謝の気持ちを大切にすることが大切ですよ。

お寺での正しい参拝の仕方

次にお寺での参拝を解説します。

基本的な手順は以下のとおりで、心を正して仏様に敬意を示します。

  • お賽銭を供えて一度おじぎする
    (もし鈴や鰐口があれば使います)
  • 手を合わせて心からの願いをかける
  • 祈願が終わったら、もう一度おじぎして参拝を終える

ただし、お寺によっては参拝の手順が異なります。

独自の伝統や慣習を尊重することが大切ですよ。

▲目次へ戻る

まとめ

本記事をおさらいします。

  • お賽銭は、神仏への感謝や願いを伝える重要な習慣
  • 神社では神々への感謝や願い
  • お寺では供養や修行者への支援
  • 縁起の良い硬貨は「100円」「50円」「5円」
  • 縁起の悪い硬貨は「10円」「500円」

神社での参拝の手順は、お賽銭を供えた後に2回のおじぎ、2回の拍手、再びおじぎをして参拝します。

お寺での参拝は、お賽銭を供えてから手を合わせて、心からの願いをかけるという形になります。

大切なのは、心からの感謝の気持ちです。

まりも
まりも

どれだけの金額を供えるかより、敬意や感謝の気持ちを大切にしてくださいね。

関連記事:【心得】お墓参りの行き過ぎはダメ?供花や線香は毎回持っていくべき?

▲目次へ戻る