PR
※本記事はプロモーションを含みます。

オキシクリーンを風呂釜に使うと壊れる?傷む原因や正しい使い方を解説

オキシクリーンを風呂釜に使うと壊れるのアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

「オキシクリーンで風呂釜を掃除しても大丈夫?」

風呂釜のお手入れにオキシクリーンってどう使うの?」

今、掃除で話題になっているのがオキシクリーンを使った「オキシ漬け」です。

とくに浴槽をきれいにするのに、使われている方法になります。

まりも
まりも

でも「オキシクリーンで風呂釜を掃除してもいいのかな?」と心配する声もあります。

実は正しい使い方をすれば、風呂釜を傷めることはほぼありません。

ただ間違った使い方をすると、風呂釜が変色したり錆びたりするかもしれませんので注意が必要です。

本記事ではオキシクリーンで浴槽をきれいにする方法や、上手な使い方のコツを紹介します。

オキシクリーンの使い方がよくわからない方や、もっと効果的に掃除したい方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

風呂釜にオキシクリーンを使用して傷む原因3選

オキシクリーンを適切に使用すれば、風呂釜が故障することは基本的にはありません。

しかし推奨されていない使い方をすると、痛める原因になります。

痛める原因は以下の3つです。

  • 風呂釜の種類
  • 色あせや変色
  • エコキュートの使用

1つずつ解説しますね。

適さない風呂釜の種類

オキシクリーンは、すべての風呂釜で安全に使用できるわけではありません。

とくに、

  • 木製
  • ステンレス製

の風呂釜では損傷する恐れがあり、オキシクリーンの使用が推奨されていないことが多いです。

またオキシクリーンは金属製品に使用すると、サビるリスクがあります。

風呂釜の故障に直接な関係はありませんが、

  • 塗装の剥がれ
  • サビ

の原因になります。

使用前には、必ず風呂釜の素材を確認して使いましょう。

色あせや変色の危険性

オキシクリーンは、

  • ステンレス
  • 木材
  • 金属

などの素材だと、変色を引き起こすことがあります。

とくに、

  • 濃度が強い
  • 浸け置き時間が長い

と変色の可能性が高まります。

素材だけでなく、濃度時間にも気を付けてください。

エコキュート使用時の特別な注意事項

最近多く見られるエコキュートにおいても、オキシクリーンの使用には注意が必要です。

エコキュートの種類によっては、オキシクリーンが対応していない場合があります。

誤った使用は、故障の原因になります。

エコキュートにオキシクリーンを使用する前には、

  • 機器の仕様を確認
  • 自動洗浄機能がない
  • オキシクリーンの使用が安全か

をしっかりと確認してください。

▲目次へ戻る

オキシクリーンを使った風呂釜清掃のポイント4選

オキシクリーンは、風呂釜の頑固な汚れを効果的に取り除けます。

しかし正しく使用しないと、

  • 変色
  • サビ
  • 故障の原因

になります。

正しく使うためにも、以下のポイントを守ってください。

  • 使用濃度
  • 清掃時間
  • 温度設定
  • 安全対策

1つずつ解説します。

使用する濃度の基準

オキシクリーンの使用濃度はとても大切です。

まりも
まりも

汚れをしっかり落としたいからとオキシクリーンの量を多めに使用すると、変色や塗装の剥がれに繋がります。

オキシクリーンの洗浄力は、思っている以上に強力です。

指定された用量を守って使いましょう。

推奨される清掃時間

オキシクリーンを使う時間も重要です。

短時間では十分な効果が得られず、長時間の使用は変色や損傷のリスクが増えます。

まりも
まりも

一般的には「20分以上~6時間未満」が推奨されていますよ。

長い時間漬け置きすると、損傷の原因となるので注意してください。

適切な温度設定

オキシクリーンの効果を最大限に引き出すためには、40~60℃の温度が最適です。

温度が低すぎると溶けにくく、高すぎると危険です。

適温で漬け置きしてください。

安全対策:ゴム手袋と換気の重要性

オキシクリーンは比較的臭いが少ないですが、換気を怠らないことが大切です。

まりも
まりも

また弱アルカリ性のため、肌に触れると荒れる可能性があります。

ゴム手袋を着用し、作業中は常に換気を行うことで安全を確保しましょう。

▲目次へ戻る

オキシクリーンを活用した正確な風呂釜の洗浄方法

風呂釜をオキシクリーンでキレイにする方法を解説します。

以下の手順を試して、気軽にお風呂の清掃をしましょう。

  • 風呂釜の排水口より、10~15センチ高さまでお湯を貯める
  • 洗面器にオキシクリーンとお湯を入れて溶かす
  • 溶かしたオキシクリーンを浴槽に注ぐ
  • 温度をやや高めに設定し、追い炊き機能を利用
  • 20分から6時間ほど漬け置く

上記の方法で漬け置きを行うと、風呂釜の汚れが浮き上がってきます。

漬け置きが終わったら、きれいに洗い流しましょう。

  • 漬け置きしたお湯はすべて排水
  • 新たにお湯を溜め、追い炊き機能を2~3回繰り返す

これで、オキシクリーンを用いた風呂釜の清掃は完了です。

小物を一緒に掃除したいときは、浴槽に漬け置き中のお湯に浸せばOK。

まりも
まりも

最後にしっかりとすすぐことを忘れないでください。

▲目次へ戻る

オキシクリーンを使った浴室床の清掃方法

オキシクリーンは浴室床の清掃にも有効です。

掃除の方法は以下のとおり。

  • 浴室の排水口の蓋を開け、ビニール袋などで栓をして水が流れないようにする
  • 浴室床にオキシクリーンを溶かしたお湯を張る
  • 20分から6時間ほど漬け置く
  • 漬け置き後、ブラシやスポンジでこすって汚れを洗い流す

浴室の床のピンクの垢や黒カビ、水垢なども効果的に落とせますよ。

▲目次へ戻る

まとめ:オキシクリーンでの掃除方法と注意点

オキシクリーンを用いた掃除方法は、手軽さと高い効果で多くの人から注目を集めています。

風呂釜や浴室の床など、さまざまな場所の清掃に適しています。

しかし、適切な使用方法を理解しておくことが重要です。

オキシクリーンによる、風呂釜の清掃方法をおさらいしましょう。

  • 風呂釜がオキシクリーンに対応しているかを確認する。
  • 使用する際は指定された時間と濃度を守る。
  • 小物や浴室の床の掃除にもオキシクリーンを活用する。

オキシクリーンは、正しく使用すれば風呂釜を壊すリスクは低いです。

まりも
まりも

使用上の注意点を守って、心地よいバスタイムを満喫してください。

▲目次へ戻る