PR
※本記事はプロモーションを含みます。

ピアスを避けるべき人の特徴を解説!開けていない人の割合と理由も紹介

豆知識
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

ピアスは耳やその他の部位にアクセサリーを装着するスタイリッシュな手段ですが、ピアスを避けた方が良い人もいます。

ピアスには多くの魅力がありますが、感染症やアレルギー反応、職場や学校での規則違反などのリスクも伴います。

まりも
まりも

個性を表現する手段としてピアスが用いられることもありますが、すべての人にとって良いわけではありません。

この記事ではピアスを避けるべき人の特徴、ピアスをしない人の割合や一般的な見解について詳しく解説します。

ピアスに興味がある方や迷っている方は、この記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

ピアスを避けるべき人の特徴

まずピアスを避けるべき人の特徴を紹介します。

傷が治りにくい人

ピアスホールは傷が治るまでの間、開いた状態が続きます。

生まれつき炎症を起こしやすい体質の人や傷が治りにくい人は、ピアスを避けた方が無難です。

傷口から菌が入り込み、化膿やかゆみなどの問題が発生するリスクがあります。

まりも
まりも

ピアスを開けた後も細かい注意と適切な自己管理が求められるでしょう。

金属アレルギーを持つ人

金属アレルギーを持つ人はやめておきましょう。

金属アレルギー反応を示すピアスを使うと、

  • 炎症
  • 腫れ
  • 重度のアレルギー反応

を引き起こす可能性があります。

最近では金属アレルギー対応のピアスも増えていますが、選択肢は限られていることが多いです。

アレルギー対応のピアスを使用しても安全かどうかは個人差があるため、慎重に対応する必要があります。

耳たぶが厚い人

耳たぶが厚い方は、ピアスの穴を正しくあけるのが難しいことがあります。

耳に特徴を持つ人は、ピアスのホールがうまく安定しないことが多く、後悔することもあります。

まりも
まりも

また福耳の人はピアスが似合いにくいとされ、金運が減るとも言われています。

市販のピアスが合わない場合は、オーダーメイドで対応することも一つの手です。

痛みに敏感な人

ピアスを開ける際の痛みその後の不快感が苦手な人は、ピアスを避けるべきです。

医療機関での麻酔を使用しての施術もありますが、その後も痛みが残ることがあります。

ピアスのメンテナンスが苦手な人

ピアスホールのケアには、日常的な洗浄や消毒が必要です。

ケアを怠ると、化膿やかゆみなどの問題が発生することがあります。

ピアスは意外と失くしやすいものですので、常に適切な管理が求められます。

ピアスの人気に変化?開ける人が減っている理由

ピアスは魅力的なアクセサリーとして長らく愛されています。

しかし最近は、ピアスを避ける人が増えていると言われています。

なぜピアスをする人が減っているのか、その背景にある理由を探ります。

ピアスケアの手間

ピアスを開けた後は、定期的なケアが不可欠です。

毎日の洗浄や消毒、ピアスの着脱による清潔保持は、面倒と感じる人も少なくありません。

まりも
まりも

ケアを怠ると感染や皮膚トラブルのリスクが高まり、これが負担と感じる人がピアスを避ける理由の一つです。

イヤリングの多様化

以前に比べて、イヤリングの種類やデザインが大幅に増え、特にイヤーカフが人気を集めています。

イヤリングは気軽に付け替えが可能で、多様なスタイルを楽しめるため、ピアスを開ける必要を感じない人が増えています。

ピアスに対する社会的な偏見

一部ではピアスがあるだけで、軽薄な印象を持たれたり、職場などで不利になることがあります。

このような偏見を避けたい、または職業上の理由からピアスを開けない選択をする若者がいます。

ピアスを開けていない人の割合と理由

現在、ピアスを開けていない人の割合は約47%とされています。

ピアスを避ける主な理由には、

  • 興味がない
  • ケアが面倒
  • イヤリングで満足
  • 金属アレルギー
  • 痛みへの恐れ
  • 社会的な圧力

などがあります。

ピアスをすることに対する興味の減少や、イヤリングの利便性の向上が大きな要因です。

ピアスをする年代の傾向

ピアスをする人の中で最も多いのは30代で、次いで20代が多いです。

この理由として、かつての流行や社会人になってからの自由度の増加、ファッションへの関心の高まりなどが挙げられます。

一方で、10代や40代以上ではピアスをする人が少ない傾向にあります。

まりも
まりも

これは、学生の制限や年代によるファッションの違い、ピアスに対する社会的な見解などが影響しています。

ピアスの痛みを感じない人の特長と理由

ピアスの痛みを感じない人の特長を紹介します。

金属アレルギーがない人

金属アレルギーがない人は、ピアスを開けた後の皮膚トラブルが少なく、炎症を起こしにくいです。

これは、アレルギーを引き起こす金属成分に対して反応しないためです。

金属アレルギーがない人は、ピアスホールの完成がスムーズです。

まりも
まりも

ただし、ピアスを開ける際はアレルギーを引き起こしにくい材質を選ぶことをおすすめします。

皮膚が強い人

皮膚が丈夫で、感染症や化膿が生じにくい人は、ピアスの傷が治りやすいです。

理由は細菌が傷口に侵入しても、すぐに反応して防御する体質を持っているためです。

また、ピアスの傷口がある状態での肌トラブルも少なく、安心してピアスを楽しめますよ。

傷の治癒が早い人

一般的に傷の治癒が早い人は、ピアスの傷も素早く安定します。

これにより、ピアスホールが不安定になるリスクや傷跡が残る心配が少なくなります。

耳たぶが薄い人

耳たぶが薄いとピアッシングが容易で、傷が小さく済むため、問題が起こりにくいです。

対照的に耳たぶが厚い人は、ピアスの穴が曲がりやすく、安定するまでに時間がかかることがあります。

ピアスを開けている人の一般的な印象

ピアスを開けている人の一般的な印象はどうなのでしょうか?

詳しく解説しますね。

ピアスを開けている人の「おしゃれ」な見え方

多くの人がピアスを開けている人を見て「おしゃれ」と感じます。

調査によると、おしゃれだと感じる人の割合は40%にも上ります。

まりも
まりも

他には「かわいい」という意見も多く、概ねポジティブな反応が見られます。

ピアスの数が多いと「ちょっと怖い」と感じる場合

ピアスの数が多い人は、一定の範囲を超えると「メンヘラ」「怖い」といった印象を与えることがあります。

特に、男性が女性に対して感じる「多すぎる」と思うピアスの数は平均3個であり、女性は男性に対して平均2個と考えています。

ピアスの位置による「個性的」な見え方

ピアスの位置によっても印象は変わります。

耳以外の部位、特に顔の目立つ部分にピアスを開けると、「個性的」だと捉えられることが多いです。

しかし、一部では「痛そう」や「不衛生」といったネガティブな印象を持つ人もいます。

ピアスと年齢:最適なタイミングは?

多くの人がピアスを開ける適切な年齢について考えますが、特に多くの人が20代を最も適した時期として挙げています。

約40%の人がこの意見に賛成しています。

  • 10代の若者:約30%
  • 40代以上:約17%

がピアスを開ける年齢として選んでいます。

この傾向から明らかなように、特に若年層の間でピアスを開けることが好まれています。

法的な制限がない限り、ピアスを開ける年齢に上限は存在しません。

まりも
まりも

実際に70歳を超えてからピアスを楽しむ人もいますよ。

ピアスと運命の関連性

ピアスを開けることが外見だけでなく、心理的な変化や運命にも影響を与えると考える人は多いです。

このような変化は、スピリチュアルな理由や風水に基づくとされます。

ピアスによる運命の変化

自分自身に変化を求め、新たな自己発見を促す一環として、ピアスを開ける決断を下す人がいます。

この行動は自信の向上や、新しいチャンスを引き寄せる可能性を秘めています。

耳という五感の器官に穴を開けることで、運気が通りやすくなり、人生にポジティブな変化が生まれやすくなるとも言われています。

ピアスの位置と運気

ピアスの開け方や位置によっても、運気は大きく変わるとされます。

恋愛運を高めたい場合は、左右非対称にピアスを開けることが推奨されています。

金運を向上させたい場合には、耳輪の最上部に位置する天柱穴にピアスを開けることが有効です。

まりも
まりも

また金属よりも真珠を使用することが、特に金運に良いとされています。

運気が下がるピアスの開け方

ピアスホールを過度に拡張することや、福耳にピアスを開けることは運気を下げるとされています。

特に福耳は、そのまま保つことが金運を保持するために良いとされています。

また恋愛運を上げたい女性は、右耳にピアスを開けると良いとされています。

これは右耳が陽のエネルギーを象徴し、積極的な生活を促すからです。

ファーストピアスの選び方とおすすめのピアッサー

ファーストピアスの選び方とおすすめのピアッサーについて解説します。

ファーストピアスを選ぶポイント

ファーストピアス選びにおいて重要なのは以下の点です。

  • 開ける部位に適したピアッサーを選択すること
  • アレルギー対応の素材を選ぶこと
  • デザインが自分の好みに合っているか確認すること

これらのポイントに注意して選ぶことで、ピアスをより安全に、また長く愛用できます。

おすすめのピアッサー紹介

下のピアッサーは医療用ステンレス製で、滅菌済みのため衛生的です。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

さまざまなデザインがあり、15種類からお選びいただけます。

また電話サポートも利用可能で、初めての方でも安心して使用できます。

  • 金属アレルギーの方
  • 目立たないピアスを求めている方

には樹脂製のピアッサーがおすすめです。

透明な樹脂ピアスなら普段使いにも適しており、特別な日には好きなピアスに付け替えることもできます。

ボディピアス・軟骨ピアス ROQUE
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

ピアスに関するよくある4つの質問に回答

ピアスに関するよくある4つの質問と回答を紹介します。

ピアスを開けたことを後悔することはありますか?

一部の人々は、ピアスを開けた後に後悔することがあります。

理由は様々で、見た目の期待と異なることや、継続的なケアの手間に驚くことなどが含まれます。

自分でピアスを開けるのは大丈夫ですか?

自分でピアスを開ける利点は、費用が節約できることと、自由にタイミングを選べることです。

しかし、衛生面と安全性には特に注意が必要です。

自己施行には感染リスクや位置のずれなどの問題が伴うことがあります。

まりも
まりも

専門の施設で施行することが安全です。

ピアスを開けるメリットは何ですか?

ピアスを開ける主なメリットは次のとおりです。

  • スタイルの拡張:様々なデザインが楽しめ、服装に合わせてアクセサリーを変更できる
  • 快適さ:ピアスはキャッチで固定されるため、長時間着用しても不快感が少ない
  • 紛失のリスクが低い:イヤリングと比べてピアスは落ちにくく、紛失しにくい

ピアスによる失明は本当ですか?

ピアスが原因で失明するというのは、根拠のない都市伝説です。

視神経が損傷することはなく、ピアスホールから見える白い糸は皮膚が剥がれたものです。

しかし、ピアスをする際には衛生面を徹底することが重要で、不適切な管理は感染症のリスクを高めます。

まりも
まりも

また、施行時の痛みによる反射で一時的な意識喪失を経験することがありますが、これは永続的な影響はありません。

これらの質問に対する答えは、ピアスを安全に楽しむための正しい情報と注意が必要であることを示しています。

自分で開けるか、プロに依頼するかは慎重に考え、適切な手順とケアを実施しましょう。

まとめ

ピアスは多様なスタイルを楽しむための素晴らしい方法ですが、開ける際には自己の体質や生活環境に合った選択が必要です。

またピアスが不向きな場合は、クリップ式のイヤリングやマグネット式のアクセサリーを使用するのも一つの選択肢です。

ピアスを楽しむためには、適切な知識とケアが不可欠です。