PR
※本記事はプロモーションを含みます。

ジャガイモが火を通してもシャキシャキなのはなぜ?レンジのコツも紹介!

ジャガイモが火を通してもシャキシャキなのはなぜ?レンジのコツも紹介!のアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

この記事では、ジャガイモが調理後もシャキシャキとした食感になる問題と対策について紹介します。

ジャガイモはポテトサラダやシチューなど、多彩な料理に使える万能食材です。

まりも
まりも

普段何気なく使っているジャガイモですが、たまにどれだけ加熱しても生のようなシャキシャキとした食感が残ることがあります。

理想とするのは柔らかくホクホクした食感ですが、予期せずシャキシャキ感が残ると、食感が気になってしまいます。

ジャガイモがシャキシャキとした食感になる主な原因は以下の通りです。

  • 加熱時間が不足している
  • 調理時の調味のタイミング
  • ジャガイモの成長による個体差

この記事ではこれらの原因を詳しく説明し、シャキシャキ感を避けるための調理のコツをお伝えします。

スポンサーリンク

ジャガイモがシャキシャキになる3つの原因

ジャガイモがなぜシャキシャキになるのか、その原因を掘り下げてみましょう。

加熱時間不足

一番の原因は、「ジャガイモが十分に加熱されていない」ことです。

ジャガイモは根菜類で火が通りにくいため、大きく切りすぎると中まで熱が伝わりにくくなります。

まりも
まりも

また、ジャガイモを沸騰したお湯に入れると、外側だけが早く加熱され内部が生煮えになりがちです。

これを防ぐには、ジャガイモを適切な大きさに切り、水からゆっくりと加熱していくことが大切です。

不足した加熱時間は、追加の熱を加えることで補えますよ。

調理過程での調味の問題

初めに調味料を加えた煮汁でジャガイモを調理すると、火が通りにくくなります。

煮汁が少なく、ジャガイモが液面から出てしまうと、熱が均等に伝わらず、ジャガイモがシャキシャキになります。

最初に水や出汁でジャガイモを煮て、適当な硬さになった後に調味料を加えると良いでしょう。

成長過程による個体差

畑で育つ野菜には個体差があり、中には火が通りにくいジャガイモも存在します。

外見からは判断が難しいですが、切ってみると中心部に黒い空洞があったり、硬い塊が含まれていることがあります。

まりも
まりも

これらはジャガイモの成長過程の特性です。

上記の特性が原因でシャキシャキとした食感が残ることもありますよ。

以上、3つのポイントを押さえつつ、ジャガイモの調理方法を工夫することで、理想的な食感を得られます。

▲目次へ戻る

レンジでジャガイモをふっくら加熱する方法

レンジを使ったジャガイモの調理法には、いくつかのポイントがあります。

ジャガイモをカットして加熱する場合

ジャガイモをカットした後、軽く水で洗い、水気を少し残して耐熱容器に入れます。

次に容器をラップでしっかりと覆い、500Wから600Wで約3分半加熱します。

加熱後はやけどに注意しながら、爪楊枝でスムーズに刺さるか確認します。

加熱が足りない場合は、30秒ごとに追加で加熱してください。

まりも
まりも

加熱後は、ラップをそのままにしてしばらく放置することで、ジャガイモは加熱により乾燥を防ぎながらしっとりと仕上がりますよ。

ジャガイモを丸ごと加熱する場合

ジャガイモを洗った後、皮の周りに浅く切り込みを入れてください。

加熱後の皮剥きが容易になります。

ジャガイモは水気を含ませた状態で耐熱容器に入れ、ラップをふわっとかけて500Wから600Wで約3分半加熱します。

まりも
まりも

加熱後はジャガイモの中央部分を、爪楊枝で刺してみてスムーズに通るかテストしてください。

追加加熱が必要な場合は、30秒ごとに加熱を続けます。

丸ごと加熱する方法は、ジャガイモを全体的にしっとりとさせる効果があります。

切り込みを入れることで、皮が簡単に剥がれ、より便利に楽しむことができます。

▲目次へ戻る

ジャガイモを再加熱してシャキシャキ感を減らす方法

再度ジャガイモを加熱することで、シャキシャキ感を軽減できる可能性があります。

取り出したジャガイモを耐熱容器に移し、ラップをかけて30秒ごとに様子を見ながら加熱してください。

十分に加熱されたら、元の料理に戻すだけです。

シャキシャキジャガイモのリメイクレシピ

ジャガイモがシャキシャキのままだと感じたら、新しい料理にリメイクするのがおすすめです。

ジャガイモを取り出し、煮汁や調味料を洗い流したあと水気を切ります。

その後はフライパンに油を熱し、ジャガイモと少量の水を加えて蒸し焼きにしましょう。

  • 外はカリカリ
  • 中はふっくら

としたポテトが完成します。

手間はかかりますが、ジャガイモを無駄なく美味しく食べられますよ。

▲目次へ戻る

まとめ

ここまで、ジャガイモがシャキシャキとした食感になる原因と対処法を紹介しました。

シャキシャキとなる原因は次の通りです。

  • 加熱不足:切り方が大きい、加熱時間が短すぎる
  • 調理過程:加熱が均一でない、調味料が影響
  • 成長過程:ジャガイモ自体の質問題

万が一シャキシャキのジャガイモになった場合は、適切な再加熱やリメイクで美味しく楽しんでください。

レンジの活用も有効ですので、正しいラップの使用や適切な加熱時間を心がけましょう。

▲目次へ戻る