PR
※本記事はプロモーションを含みます。

Amazonプライムビデオの画面録画は違法?バレるリスクと黒い画面の原因解説

エンタメ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

この記事では、Amazonプライムビデオの画面録画は違法なのか解説しています。

結論から言うと、Amazonから直接知らされることはなく、気付かれるリスクは低いです。

しかし画面録画の行為は、Amazonのサービス利用規約に反していておすすめしません。

具体的なリスクや代替案について知りたい方は、この記事を確認してくださいね。

スポンサーリンク

Amazonプライムビデオの録画は気付かれる?

Amazonプライムビデオの画面録画によってAmazonに通知が行くことはなく、バレる確率は非常に低いです。

しかし、この行為は明確に違法です。

Amazonの利用規約では、デジタルコンテンツの複製や配布などが禁止されています。

録画が発覚した場合、法的な責任を問われるリスクがあります。

Amazonプライムビデオの画面録画は避け、他の合法的な方法を検討することをお勧めします。

通常、録画されたビデオはコピーガードのため黒く表示されることが多いです。

スポンサーリンク

Amazonプライムビデオをレコーダーで視聴可能か?

もしAmazonプライムビデオの映像を録画しても、通常レコーダーで見ることはできます。

しかし、これは違法行為です。

何度も言いますが、録画はしない方が賢明です。

スポンサーリンク

録画可能なツールとその使用

録画レコーダーを使っても、Amazonプライムビデオのコピーガードにより、通常は視聴不可能です。

特定の録画ツールを使えば、これを回避することができます。

たとえば「CleverGet Amazon動画ダウンロード」という録画ツールですね。

しかし、Amazonプライムビデオの録画はサービスの規約に反するため、実行はおすすめしません。

Amazonプライムビデオで安全に楽しむ:ダウンロード機能の活用法

録画によるリスクを避け、安全にAmazonプライムビデオを楽しむためには、公式のダウンロード機能を利用しましょう。

インターネット接続がない場所でも、予めダウンロードしておけば、お気に入りの動画をいつでも楽しめますよ。

ただし、ダウンロードには以下の制限があります。

  • 視聴期限が設定されている
  • 一つのアカウントにつき、最大25作品までダウンロード可能
  • 一部の作品はダウンロードが許可されていない
  • ダウンロードはAmazonプライムビデオアプリを通じてのみ

これらの点を考慮しつつ、ダウンロード機能を活用しましょう。

またスマートフォンでダウンロードした動画を、テレビで視聴する方法として「クロームキャスト」が有効です。

このデバイスを使用すれば、スマートフォンやパソコンの画面をテレビに映し出すことができます。

Amazonプライムビデオだけでなく、他のコンテンツも大画面で楽しめますよ。

まとめ

Amazonプライムビデオでの録画は、コピーガードの制約により一般的に難しく、不正行為にもあたります。

録画ツールを使うことは技術的に可能かもしれませんが、利用規約に明確に違反しています。

オフラインで視聴したい場合、事前にダウンロードしておくことで、インターネットがない環境でも動画を楽しめますよ。

月額500円で多様なサービスを利用できるAmazonプライムビデオは、他のプラットフォームと比べてもコストパフォーマンスが高く、購入時の送料無料や音楽サービスなど、追加のメリットも多いです。

安全かつ合法的にサービスを利用し、リスクのある録画は避けましょう。

>>Amazonプライムビデオを見てみる