PR
※本記事はプロモーションを含みます。

オーブンでピザを上手に温め直す!加熱のコツと注意点を解説

オーブンでピザを上手に温め直す!加熱のコツと注意点を解説のアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

デリバリーピザは忙しい日々の夕食準備に便利であり、週末のパーティーや集まりでもよく利用されます。

多様なトッピングや生地の選択が楽しい一方で、大きなサイズのために食べきれないことがしばしばあります。

まりも
まりも

特に一人暮らしの場合、残ったピザの消費には時間がかかります。

翌日にピザを再加熱する際、電子レンジを使うと固くなりやすいので、オーブンを使う方法がおすすめです。

オーブンで温め直すと、ピザが出来立てのように美味しくなります。

この記事では、オーブンを使ったピザの効果的な再加熱方法について解説します。

スポンサーリンク

オーブンでのピザの再加熱手順!温度と加熱時間がカギ!

オーブンでの再加熱には、200℃から220℃の高温設定をおすすめします。

低温で加熱すると生地が硬くなるため、再加熱する前にオーブンを予熱しておくことが大切です。

ピザが硬くならないように、表面に軽く水を吹きかけてから、予熱されたオーブンで5、6分間加熱してください。

まりも
まりも

表面のチーズがとろけてきたら、美味しいサインです!

高温なので取り出す際は火傷に注意し、長時間の加熱は避けるようにしてください。

ピザの上にアルミホイルをかぶせることで、表面が焦げるのを防げますよ。

加熱時間や温度はオーブンの種類によって異なります。

家庭のオーブンに合わせて、最適な設定を見つけましょう。

まりも
まりも

またオーブンによるクセ(焼けやすい部分など)もあるため、注意するとより良い結果が得られますよ。

▲目次へ戻る

オーブンでの再加熱がピザに適している理由は「水分を蒸発させるため」

ピザの再加熱はオーブンが最適です。

なぜなら時間が経過した冷たいピザは、表面に水分が浮き出て、ピザがべちゃっとしてしまうため。

オーブンは高温で素早く加熱できるため、表面の余分な水分を迅速に蒸発させるのです。

まりも
まりも

外はカリッとして中は柔らかい、焼きたてのような状態に戻りますよ。

▲目次へ戻る

電子レンジでピザを温めるのは避けよう

ピザの再加熱に向いていないのが電子レンジです。

電子レンジで加熱すると、ピザの生地が水分を失って硬くなります。

表面に水分が残り、べちゃっとした状態になってしまいます。

まりも
まりも

ピザを再加熱する際は、電子レンジの使用を避けましょう!

どうしても使用する場合は、短時間で加熱し、ラップをしないことが重要です。

長時間の加熱は避けて、硬くならないよう注意してください。

▲目次へ戻る

まとめ

焼きたてのピザは格別ですが、冷めたピザの扱いは難しいです。

再加熱することで完全に焼きたての状態には戻りません。

ピザの再加熱するときは、下記の2点を覚えておきましょう。

  • ピザの再加熱はオーブンを使用する
  • 電子レンジは極力避ける

冷めたピザでも、再び美味しくピザを楽しむことができますよ。

関連記事:【解消】唐揚げがベチャベチャになる4つの原因!サクサクに変える対処方を紹介