PR
※本記事はプロモーションを含みます。

【落ちない】シンクの水垢がクエン酸でひどくなった!原因と対策を解説

シンクの水垢がクエン酸でひどくなったのアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

「シンクの水垢にクエン酸を使ったあと、汚れがひどくなった」

「シンクの水垢がひどくなった原因はなに?」

「クエン酸を使うときの注意点は?」

シンクの水垢汚れ、クエン酸を使うと逆に汚れが目立つことがあります。

まりも
まりも

シンクの水垢がクエン酸で悪化した場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

この記事では、シンクの水垢にクエン酸を使ってひどくなった原因や対処法を詳しく解説します。

記事後半ではクエン酸を使うときの注意点や、水垢を未然に防ぐ対策もお話ししますので、ぜひ参考にしてください。

結論

シンクの水垢がクエン酸でひどくなる理由は、酸性の油汚れとクエン酸の化学反応によるもの。

スポンサーリンク

シンクの水垢がクエン酸でひどくなった原因は3つ

シンクの水垢がクエン酸でひどくなった原因は、以下の3つです。

  • クエン酸と油の反応による汚れの問題
  • 長時間のクエン酸使用による酸焼けの発生
  • 水垢が硬化して石灰のようになる現象

1つずつ解説しますね。

【原因①】クエン酸と油の反応による汚れの問題

クエン酸は酸性特性を持ち、アルカリ性の水垢に効果的です。

でも酸性の油汚れには不向きです。

油汚れに対してクエン酸を使用すると、化学反応を引き起こし、シンクが白くなるなど汚れが増えますよ。

水垢を取り除く前に、油汚れを先に処理しましょう。

【原因②】長時間のクエン酸使用による酸焼け

水垢を取るためにクエン酸をシンクに長く置くと、時々シンクが変色します。

この変色は「酸焼け」という現象が原因です。

酸焼けとは
ステンレスのシンクが、クエン酸などの酸性の液体と反応して起こる変化のこと。

酸焼けによって、シンクが黒くなることがあります。

まりも
まりも

酸焼けが起きると、クエン酸だけではキレイにするのが難しくなりますよ。

【原因③】水垢が硬化したことによる石灰化

水道水には、

  • カルシウム
  • マグネシウム

などの成分が含まれていて、蒸発すると白い水垢が残ります。

白い水垢は時間が経つと石灰化し、お風呂の鏡のウロコみたいなガンコな汚れになります。

ガンコな汚れになると、普通の洗剤では落としにくいので、注意が必要です。

▲目次へ戻る

シンクの水垢がひどくなったときの3つの対策法

シンクの水垢がひどくなったときの対策は以下の3つです。

  • 酸性の汚れには重曹
  • 酸焼けには研磨入り洗剤
  • 石灰化にはクエン酸

1つずつ紹介します。

【対策①】酸性の汚れには重曹を使用

酸性の汚れには、アルカリ性の重曹を使いましょう。

なぜなら、油や皮脂の汚れに強いため。

シンクが白く変色しているなら、クエン酸が油などの汚れと反応したからかもしれません。

そのため重曹を使って汚れを落として、キレイにしましょう。

まりも
まりも

キレイにした後にクエン酸を使えば、油の汚れやそれ以外の汚れを一緒に落とせますよ。

シャボン玉石けん 楽天市場店
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

【対策②】酸焼けにはクリームタイプのクレンザーがおすすめ

酸焼けに対しては、粒子の細かいクリームタイプのクレンザーがおすすめです。

理由は細かい粒子を選ぶことで、シンクを傷つけるリスクを減らせるため。

白く変色した部分は、クリームタイプの研磨剤入り洗剤で丁寧にこすれば、キレイに落とせますよ。

まりも
まりも

ただし全ての素材に適応しているわけではありません。

使用する前に、一度目立たない場所でチェックしてから使ってくださいね。

【対策③】石灰化にはクエン酸を使用

石灰化した水垢にはクエン酸が有効です。

根拠は石灰化した水垢を柔らかくし、溶解させることができるから。

石灰化した水垢は、

  • カルシウム
  • マグネシウム

などのミネラルが固まったもので、アルカリ性です。

酸性のクエン酸で、水垢の成分を中和できます。効果的に汚れを落とせますよ。

▲目次へ戻る

シンクの水垢をクエン酸で掃除するときの注意点3選

クエン酸でシンクの水垢を掃除するときは、以下の3つに気をつけてください。

  • クエン酸の使用時間を守る
  • 塩素系洗剤と漂白剤との併用はNG
  • 洗剤の濃度を適正に保つ

それぞれを深堀します。

【注意点①】クエン酸の使用時間を守る

クエン酸の長時間の放置はNGです。

なぜなら水分が蒸発し、残ったクエン酸が白い残留物として現れるため。

せっかく掃除をしていても、間違った方法だと汚れが増えてしまいます。

長時間の放置は避け、適切な時間での使用を心がけましょう。

【注意点②】塩素系洗剤と漂白剤との併用はNG

クエン酸と塩素系の洗剤や漂白剤の併用は、絶対にダメです。

理由は混ぜることは、有害なガスを発生させ命の危険があるため。

とくにシンクを清潔に保つために、漂白剤を使う機会が多いです。

混ざらないように、細心の注意を払ってください。

【注意点③】洗剤の濃度を適正に保つ

クエン酸を使用する際は、濃度の調整に注意しましょう。

一般的な濃度は、

  • 水100ml~200ml
  • クエン酸:小さじ1

を溶かすのがちょうど良い比率です。

汚れがひどい場合、クエン酸の濃度を高めることもあります。

それに伴って放置する時間の調整が必要ですよ。

まりも
まりも

ただし高濃度のクエン酸は、皮膚への刺激が強いです。

手荒れを防ぐために、きちんとゴム手袋の着用してください。

▲目次へ戻る

水垢を防ぐ方法

最後に、水垢を出さないようにする方法を説明しますね。

  • 定期的な拭き取り
  • 防水スプレーの使用

定期的な拭き取り

水垢を防ぐには、シンクや蛇口、浴室などの水がかかった場所を、乾いた布で拭き取ることが大切です。

なぜなら、水道水に含まれる

  • カルシウム
  • マグネシウム

などのミネラル成分が乾燥することで、水垢が固まってできるから。

水分が蒸発する前に、ミネラル成分を除去すれば水垢の形成を防げますよ。

防水スプレーの使用

防水スプレーを使うことで、水滴が残りにくくなります。

理由はシンクに水滴が残らないように、コーティングしてくれるため。

シンクに水滴が浸透しにくくなります。

つまり、水垢の発生を抑えられますよ。

まりも
まりも

防水スプレーは、1~2ヵ月を目安に塗ればOKです。

薬のファインズファルマ楽天市場店
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

▲目次へ戻る

まとめ:シンクの水垢がクエン酸でひどくなった原因と対策

本記事はシンクの水垢が、クエン酸でひどくなった原因と対策を解説しました。

シンクの水垢がクエン酸で悪化する原因は、以下の3つです。

  • クエン酸と油汚れの反応
  • クエン酸の長時間放置による酸焼け
  • 水垢がかたまり、ウロコ状の汚れの石灰化

上記の原因への対策は、以下のとおりです。

  • 酸性の汚れには重曹を使い、その後クエン酸で清掃が効果的
  • 酸焼けにはクリームタイプのクレンザーが有効
  • 石灰化した水垢にはクエン酸で除去可能

ただし、クエン酸でシンクの水垢を掃除するとき、注意点は次のとおりです。

クエン酸を使う際は、長時間放置を避けてください。

適切な濃度で使って、塩素系洗剤や漂白剤との併用は控えましょう。

水垢の予防には

  • 定期的な拭き取り
  • 防水スプレーの使用

が効果的です。

シンクの水垢をピカピカにして、衛生的なキッチンを満喫しましょう。

▲目次へ戻る