PR
※本記事はプロモーションを含みます。

キャスター付きの洗濯機台をおすすめしない理由は?メリットとデメリットを解説

豆知識
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

この記事では、キャスター付きの洗濯機台がおすすめしない理由について詳しく解説しています。

洗濯機キャスター台は取り付けることで洗濯機の移動が容易になり、掃除や物の拾い上げが楽になります。

一方で水漏れのリスクや、床に傷や凹みをつけるデメリットもあります。

キャスター付きの洗濯機台をおすすめしない理由やメリットについて詳しく知りたい方は、この記事を読み進めてください。

スポンサーリンク

キャスター付きの洗濯機台をおすすめしない理由3選

まずは、キャスター付きの洗濯機台をおすすめしない理由は以下の3つです。

  • 水漏れのリスク
  • 振動の増加
  • 床に傷や凹みをつける

これらの点を詳しく見ていきましょう。

水漏れのリスク

キャスター付きの洗濯機台は、水漏れに弱い傾向があります。

キャスターには防水パンのような水を集める機能がありません。

移動時に排水ホースが引っ掛かり、水漏れを引き起こしやすいです。

水漏れに気づきやすくするメリットもありますが、水漏れリスクに注意してください。

振動の増加

キャスター付き洗濯機台は、移動するため振動しやすいです。

地震などの際に心配になることもあります。

振動を抑えるためにも、耐荷重の確認やジャッキ機能付きのモデルを選ぶことをおすすめします。

床に傷や凹みをつける

キャスターの重量が集中することで、床に傷や凹みをつけることがあります。

特に重い洗濯機を使用している場合、そのリスクは高まります。

賃貸や新築の住宅で床を保護したい場合は、床保護マットの使用をおすすめします。

洗濯機のキャスター台のメリットは3つ

洗濯機台キャスターを導入するメリットは以下の3つです。

  • 掃除の容易さ
  • 通気性の向上とカビ予防
  • 落下物の発見が容易

掃除の容易さ

キャスター付きの洗濯機台は、洗濯機の下部を簡単に掃除できます。

洗濯機の下は、ホコリや毛がたまりやすく、掃除が困難なエリアです。

キャスターがあれば、簡単に洗濯機を動かして、隅々までしっかりと掃除できますね。

通気性の向上とカビ予防

キャスター付きは、洗濯機の下の空間を確保し、通気性を良くします。

湿気がこもりにくくなり、カビや不快な臭いの発生を抑制できるんです。

定期的な通気と掃除がカビの予防につながります。

落下物の発見が容易

洗濯機の下に落ちた小物を見つけるのが容易になります。

キャスターがあることで、洗濯機を手軽に動かせます。

落ちた小物をすぐに取り出せて、手間が省けますよ。

洗濯機台の選択:「ふんばるマン」とキャスター付き台の比較

洗濯機の設置方法には、固定型の「ふんばるマン」とキャスター付き台があり、どちらが適切か選ぶのは重要な決定です。

今回はそれぞれのタイプの特徴を比較し、どちらがおすすめかをご紹介します。

キャスター付き台の推奨理由

キャスター付き台はその移動性から、掃除やメンテナンスのしやすさが大きなメリットです。

耐荷重は500kgと高く、ジャッキ使用を推奨しています。

ドラム式洗濯機にも対応可能で高さ調節も自由で、価格は約3,000円ですよ。

「ふんばるマン」の特性

「ふんばるマン」は因幡電工が提供する固定型の洗濯機台で、価格は1,210円と低価格です。

耐荷重は150kgで、防振効果が高い独自の柱状構造が特徴です。

しかしドラム式洗濯機のような重量がある機種には不向きで、倒壊のリスクに注意してください。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

洗濯機台キャスターのよくある質問

最後によくある質問に回答します。

Q
キャスターの安全性は?
A

キャスター付き洗濯機台は便利ですが、使用中に台の下に手を入れる行為は避けるべきです。

過去には重大な事故が発生しており、安全面での注意が必要です。

Q
キャスターはメーカーによって禁止されているの?
A

一部の洗濯機メーカーはキャスター付き台の使用を推奨していません。

安定性が確保できないため、使用前にはメーカーの指示を確認することが大切です。

Q
ドラム式洗濯機にキャスターは適しているの?
A

ドラム式洗濯機には、耐荷重が高いキャスターを選ぶことをおすすめします。

高い耐久性で振動や音の問題を減らすことが可能です。

Q
洗濯機台キャスターは騒音を軽減しますか?
A

洗濯機台キャスターは、洗濯機の振動を吸収することで、騒音を軽減する効果があります。

特に、床が硬い場合や、洗濯機が古い場合に効果が期待できます。

Q
洗濯機台キャスターはどこで購入できますか?
A

洗濯機台キャスターは、家電量販店、ホームセンター、ネットショップなどで購入できます。

まとめ

このガイドでは、キャスター付きと固定型の洗濯機台のメリットとデメリットを詳しく解説しました。

キャスター付きは便利性が高い一方で、水漏れや振動、床へのダメージのリスクがあります。

適切なタイプを選び、安全に注意して使用することで、洗濯環境を快適に保てますよ。