PR
※本記事はプロモーションを含みます。

ムサシ除草バイブレータ故障を防ぐ!避けるべき2つの一般的なミス

通販商品
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

この記事では、ムサシ除草バイブレータ(MS-750)の故障のリスクを抑える方法を解説しています。

ムサシ除草バイブレータで起こりやすい故障の原因は次の2点です。

  • 連続使用時間を超えて使用すること
  • 替え刃の取り付け時のネジのゆるみ

故障の主な原因を理解しておくことで、長期間にわたって効率的に雑草を管理できますよ。

故障の原因と対策について詳しく知りたい人は、この記事を読み進めてください。

スポンサーリンク

ムサシ除草バイブレータで故障リスクを上げる行為

ムサシ除草バイブレータの故障リスクを高める主要な要因は以下の2つです。

  • 連続使用時間を超えて使用すること
  • 替え刃の取り付け時のネジのゆるみ

一つずつ解説しますね。

指定された連続使用時間を超えて使用している

連続使用時間とは機材を稼働させて作業可能な時間のことです。

ムサシ除草バイブレータの場合、連続使用時間は約25分ですが、これは無負荷状態での目安です。

実際に作業を行っている際は、15〜20分ごとに一度休憩を入れることが推奨されます。

替刃を交換した際、ネジが緩んでしまっている

刃を交換するときにも注意が必要です。

ムサシ除草バイブレータには、草を引き抜くブレードだけでなく、枝を切断するための鋸刃も付属しています。

これらの部品は簡単に交換できますが、使用中にネジが緩むことがあります。

その結果、故障や事故に繋がる可能性があるんです。

故障を避けるためには、これらの点に注意を払うことが重要です。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

初期不良以外の故障には保証がない

ムサシ除草バイブレータが故障した場合、初期不良以外では保証が提供されません。

製品を初めて使用する際には、動作に問題がないかテスト運用をしましょう。

ムサシ除草バイブレータのバッテリートラブルと解決策

ムサシ除草バイブレータで起こりうる一般的な問題の一つが「バッテリーの充電不良」です。

一般的に工具のバッテリートラブルは、「非純正バッテリーの使用」が原因が多いです。

ムサシ除草バイブレータは内蔵バッテリーを採用しています。

直接コンセントから充電する形式なため、バッテリー自体の交換は不可能なんです。

バッテリーによる故障が発生した場合は、製品の再購入が必要になります。

バッテリーが過熱するなどして故障する原因としては、指定された「連続使用時間」を超えての使用が考えられます。

つまり製品の使用方法を守り、適切に使うことが重要です。

WE-750とWE-700の違い

ムサシの除草バイブレータには、次の2つのモデルがあります。

  • WE-750
  • WE-700

WE-750モデルは充電式で、約25分間の連続使用が可能です(満充電する時間は約4時間)。

広い庭のお手入れだと、途中で充電が必要になるかもしれません。

一方、今回説明しているWE-700はコンセント式で、連続使用時間は約20分です。

充電する必要がないため、少しの休憩を挟んで継続して作業を行えます。

どちらのモデルを選ぶかは、お庭の広さや電源のアクセス可能性によります。

まとめ

ムサシ除草バイブレータを長持ちさせるには、「連続使用時間の守り」「替刃交換時のネジ締め」に注意することが不可欠です。

これらを意識して使用すれば、故障することはほとんどありません。

振動を使って快適に雑草を除去するこの工具は、使用する際の満足感も高く、長く使いたくなることでしょう。

適切な使用方法を心掛けることで、長期間にわたり愛用できますよ。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る