PR
※本記事はプロモーションを含みます。

【衝撃】やよい軒のおかわり自由はずるい!利用者のクレームでサービス変更?

【衝撃】やよい軒のおかわり自由はずるい!利用者のクレームでサービス変更?のアイキャッチ画像 エンタメ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

「やよい軒での無料おかわりはずるい?」

「やよい軒の無料おかわり制度、利用者に不公平では?」

「やよい軒でお代わりする方法は?」

この記事で、やよい軒の無料おかわりサービスについての疑問が解決します。

やよい軒では定食や朝食メニューで白米のおかわりが無料です。

まりも
まりも

これは無限にご飯を楽しめる夢のようなサービスですが、一部の人にとって不公平に感じているようです。

そこで今回は、やよい軒の無料おかわりサービスに対する不公平感について解説します。

また過去に一部店舗でおかわりが有料になったことや、自動でご飯を追加するシステムの利用方法についても紹介します。

スポンサーリンク

やよい軒の無料ごはん追加サービスに対する批判

バランスが取れた美味しい定食で知られ、訪れると家庭のような温かみを感じさせる人気の飲食店「やよい軒」。

とくに注目されるサービスは、

  • 定食
  • 朝食メニュー

で提供されるご飯の無料追加オプション

ご飯の無料サービスにより、好きなだけご飯を満喫でき、多くのお客さんにとって夢のような存在です。

しかし、この無料追加サービスには「不公平」との指摘もあります。

無料ご飯追加サービスへの異論

批判される理由は、

  • ご飯を追加する人
  • ご飯を追加しない人

でも同一料金であるため。

多くのご飯を追加する人にとっては、追加料金なしで満足できる大変ありがたいサービスです。

まりも
まりも

一方でご飯を追加しない人は、多く追加する人と同じ料金を支払うことに不公平感を覚えるのでしょう。

他にも、

  • おかわりがなければ、もっと安くできる
  • おかわりをしている人の分が、価格に反映されている

などを感じる人も。

実際に少なく食べる方からすると、他のお客さんが同じ料金でたくさん追加しているのを見ると、少し割高感を感じることがあるかもしれません。

無料サービスを利用しない場合のメリット

やよい軒はご飯の無料追加ができる定食や朝食を提供しており、ご飯をあまり追加しない人にとって不利に思えるかもしれません。

まりも
まりも

しかし実際にはやよい軒の定食は、700円(税込)からという手頃な価格設定です。

初めから提供される量でも、大変満足できる内容です。

たとえば、リーズナブルな大豆ミートのしょうが焼定食であっても、

  • 冷奴
  • 味噌汁
  • 付け合わせのサラダ

が付き、多くの人に満足いく量の料理が提供されていますよ。

▲目次へ戻る

やよい軒で一時期、ご飯の追加が有料になった歴史

過去には、やよい軒でご飯の追加が有料に変更されたことがありました。

ご飯追加の有料化試験期間

2019年4月16日から5月31日までの期間一部地域の店舗でご飯の追加を有料とする試みを行いました。

この試験的な取り組みは、

  • 東京
  • 千葉
  • 栃木
  • 茨城

の合計12店舗で実施。

ご飯の追加料金は30円から100円とされました。(店舗によって価格が異なる)

かつて無料だったご飯の追加が有料になると、その都度追加料金が発生するわけですから、利用者にとっては負担増となります。

利用者の反応と現在のサービス

この変更に関する口コミを見ると、おかわりが有料になったことに失望する声が多く挙がっていました。

やよい軒のおかわり自由サービスには、賛否両論あります。

しかしお代わり無料のサービスを愛する声も非常に多いです。

まりも
まりも

ただ2019年5月31日に有料サービスは終了し、2024年3月現在ではご飯無料のサービスが継続されていますよ。

▲目次へ戻る

やよい軒で楽しむ無限おかわり! 自動おかわり機を使った方法

やよい軒ではお客様が満足いくまで、白米を追加できる無料サービスが提供されています。

食事の楽しみを最大限に味わいたい人々にとって魅力的なオプションですね。

そこでやよい軒での白米の追加方法を紹介します。

やよい軒での白米追加方法

お店に設置されている「自動おかわり機」を使用して、あなた自身で簡単におかわりできます。

セルフサービス方式なため、スタッフを呼ぶ手間もなく、気軽に何度でも追加OKです。

自動おかわり機の使い方は、以下のとおりです。

  • 自動おかわり機の所へ行き、ご飯茶碗をセットする
  • 希望のご飯量に応じたボタンを選択する
  • 自動でご飯が盛られるので完成を待つ

初めての方も安心して使用できるよう、操作はシンプルに設計されています。

まりも
まりも

自動おかわり機は、白米を適量に盛ってくれるため、盛り付けに関しても安心ですよ。

自動おかわり機で選べる白米の量

自動おかわり機を利用する際に気になるのが、どの程度の量を追加できるかです。

一回の操作で選べるご飯の量は以下のとおり。

  • ひとくち(50g)
  • 小盛(100g)
  • 普通盛り(150g)
  • 大盛(200g)

やよい軒の自動おかわり機では、食べたい量に応じて4種類から選べるため、とても便利です。

たとえば「ひとくち(50g)」はおかずが少し残って、ご飯が先になくなった時にピッタリですね。

まりも
まりも

やよい軒の自動おかわり機を活用して、あなたのペースでご飯の時間を楽しんでください。

▲目次へ戻る

まとめ

この記事では、やよい軒が提供するご飯の無限おかわりサービスについて、一部から出ている不公平感の意見に焦点を当てました。

おかわりサービスに関して不公平と感じる主な理由は、食べる量に関わらず全てのお客さんが同じ料金を払うことにあります。

つまり、たくさん食べる人は得をしていると思われがちで、少なく食べる人は不利だと感じる場合があるようです。

まりも
まりも

しかし不公平だと感じている人はほんの一部です。

実際にはやよい軒のご飯おかわりサービスは、お客さん一人ひとりのさまざまなニーズに応えようとするものです。

そして多くの人が、ごはんのおかわりサービスによって大きな満足感を感じていますよ。

▲目次へ戻る