PR
※本記事はプロモーションを含みます。

黒い家電 VS 白い家電|それぞれのメリット・デメリット徹底解析

黒い家電 VS 白い家電のアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

「黒い家電を選んだ場合のデメリットは何?」

「白と黒、どちらの家電を選ぶべき?」

この記事でこれらの疑問が解決します。

まりも
まりも

一般的に家電製品は黒か白のどちらかを選ぶケースが多いですが、黒い家電には特有のデメリットが存在します。

結論を先に言うと、黒い家電のデメリットは以下の4つです。

  • ホコリや指紋が目立つ
  • 空間が重たく感じる
  • 部屋が狭く見える
  • 映り込みが発生しやすい

とくに部屋全体を黒い家電で統一すると、よりその傾向が強まるかもしれませんね。

しかし黒い家電は、部屋をシックに見せたいときにピッタリです。

どちらの色を選ぶか迷ったときは、

  • 既存の家電の色
  • 部屋の雰囲気
  • 自分が目指すスペースのイメージ

をもとに選択するといいです。

この記事では、黒い家電を選んだ場合のデメリットと、白と黒の家電をどのように選ぶかについて解説しています。

スポンサーリンク

黒い家電を選ぶ時のメリットとデメリット

黒い家電を選んだ時のメリットとデメリットを紹介します。

黒い家電を選ぶデメリット

黒い家電を選んだ時のデメリットは以下の4つ。

  • ホコリや指紋が目立つ
  • 空間が重たく感じる
  • 部屋が狭く見える
  • 映り込みが発生しやすい

黒い家電は美観を保つために、定期的な掃除は欠かせません。

具体的には、指紋やホコリが目立ちやすいため、柔らかい布での拭き掃除をこまめにしてください。

また黒い家電は空間に重厚感を与えますが、部屋が狭く感じられることもあります。

とくに大型の家電を選ぶ際は、部屋の広さや配置を考えることが重要です。

黒い家電を選ぶメリット

一方、以下のメリットがあります。

  • 部屋をスマートに見せる効果
  • モダンな印象を与える
  • キッチンの汚れが目立たない

黒い家電は部屋の雰囲気や他の家具とのバランスによって、洗練された空間を作り出せます。

黒い家電を好むが、空間を明るくしたり軽やかに保ちたい場合は、

  • 木製
  • ステンレス

などの素材を選んだ家具との組み合わせがおすすめです。

全てを黒で統一すると重くなりがちです。

  • グレー
  • アイボリー
  • ベージュ

などの色を取り入れることで、空間にメリハリをつけられますよ。

▲目次へ戻る

白い家電を選ぶ時のメリットとデメリット

白い家電を選んだ時のメリットとデメリットを紹介します。

白い家電の選ぶデメリット

白い家電を選んだ時のデメリットは以下の2つ。

  • 経年による黄ばみや変色のリスク
  • 汚れの目立ちやすさ

白い家電は清潔感があります。

しかし素材によっては、時間とともに黄ばみや色の変化が起こりやすいです。

汚れが目立つことは掃除を促す一因となり、清潔を保ちやすいという面もあります。

白い家電を選ぶメリット

白家電には3つのメリットがあります。

  • 掃除がしやすさい
  • 空間を明るく広く見せる
  • どんなインテリアにもマッチしやすい

白い家電はどのような部屋にも圧迫感なく馴染み、部屋を広く明るく見せる効果があります。

既存のインテリアとの調和が取りやすく、新しい環境にも適応しやすいです。

白い家電の清潔感は、部屋全体をすっきりと見せてくれますよ。

▲目次へ戻る

まとめ

家電を選ぶときの色の選択は、部屋全体の雰囲気やあなたが目指すスタイルによって決めると良いでしょう。

最後に黒い家電と白い家電のメリットとデメリットをおさらいします。

メリットデメリット
黒い家電部屋をスマートに見せる
モダンな印象を与える
汚れが目立たない
ホコリや指紋が目立つ
空間が重たく感じる
部屋が狭く見える
映り込みが発生しやすい
白い家電掃除がしやすさい
空間を明るく広く見せる
インテリアとマッチしやすい
黄ばみや変色のリスクがある
汚れの目立ちやすさ

家電は日常生活において欠かせないアイテムですが、頻繁に買い替えるわけにはいきません。

まりも
まりも

一度選んだ色は長期間使うため、部屋の雰囲気を大きく左右する要素の一つです。

そのため、家電の色選びはとても重要です。

家電の色を統一することで、部屋全体がスッキリと印象を与えてくれます。

今回紹介したポイントを押さえて、あなたが理想とする部屋の雰囲気を作り上げてください。

▲目次へ戻る