PR
※本記事はプロモーションを含みます。

【比較】JPV-A100とJPV-C100の違いは4つ!おすすめの炊飯器はどっち?

【比較】JPV-A100とJPV-C100の違いは4つ!おすすめの炊飯器はどっち?のアイキャッチ画像 商品比較
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

この記事ではタイガーの炊飯器「JPV-A100」と「JPV-C100」の違いを解説しています。

JPV-A100とJPV-C100を比較したところ、違いは以下の4つでした。

  • 釜の構造
  • 米の炊き分け機能
  • 外観のカラーバリエーション
  • 価格差

結論から言うと、お米の味にこだわりたい人はJPV-A100を、金額を重視したい場合はJPV-C100がおすすめですよ!

どちらのタイガーの炊飯器が良いか迷ってしまう人は、この記事を読み進めてください。

▼高機能モデル「JPV-A100」はこちら

▼基本モデル「JPV-C100」はこちら

スポンサーリンク

【比較】JPV-A100とJPV-C100の違いは4つ

JPV-A100
(高機能モデル)
JPV-C100
(基本モデル)
釜の構造遠赤5層土鍋蓄熱コート釜遠赤3層土鍋コート釜
米の炊き分け機能17コース
「すし・カレー、お弁当」
15コース
カラーバリエーションマットブラック
マットホワイト
グロスブラック
通常価格約35,000円(税込)約26,000円(税込)

JPV-A100とJPV-C100の違いは以下の4つです。

  • 釜の構造
  • 米の炊き分け機能
  • 外観のカラーバリエーション
  • 価格差

それぞれの違いを詳しく見ていきましょう。

比較①:釜の構造

JPV-A100
(高機能モデル)
JPV-C100
(基本モデル)
釜の構造遠赤5層土鍋蓄熱コート釜遠赤3層土鍋コート釜

JPV-A100とJPV-C100では、釜の構造が異なります。

JPV-A100は「遠赤5層土鍋蓄熱コート釜」を採用しています。

外側に蓄熱性を向上させる「ヒートカットパウダー」を含む、異なる素材の5層で構成。

  • 高火力
  • 遠赤外線効果

で、さらに美味しいご飯を炊けます。

JPV-C100に搭載されているのは「遠赤3層土鍋コート釜」です。

3層の金属構造が効率的な発熱を促します。

遠赤外線効果を高め、ご飯全体に均等に熱を分配することで、粘りとふっくら感を引き出しますよ。

比較②:米の炊き分け機能の違い

JPV-A100
(高機能モデル)
JPV-C100
(基本モデル)
米の炊き分け機能17コース
「すし・カレー、お弁当」
15コース

JPV-A100とJPV-C100では、設定できる炊飯コースが異なります。

JPV-C100は基本的な15種類のコースを持っています。

JPV-A100は17種類です。

  • すし・カレー:すしやカレーに合う硬めのご飯を炊く
  • お弁当:冷めても美味しいもっちりしたご飯を炊く

といったコースが選べますよ。

比較③:カラーバリエーション

JPV-A100
(高機能モデル)
JPV-C100
(基本モデル)
カラーバリエーションマットブラック
マットホワイト
グロスブラック

JPV-A100とJPV-C100では、カラーバリエーションが違います。

JPV-A100は、

  • マットブラック
  • マットホワイト

の2色から選べます。

JPV-C100は「グロスブラック」のみです。

ユーザーのキッチンのデザインに、合わせやすくなっています。

比較④:価格差

JPV-A100
(高機能モデル)
JPV-C100
(基本モデル)
通常価格約35,000円(税込)約26,000円(税込)
2024年4月時点の価格です

JPV-A100とJPV-C100では、価格に差があります。

JPV-A100の価格は約35,000円(税込)、JPV-C100は約26,000円(税込)となっています。

約9,000円差がありますよ。

予算を抑えたいなら、JPV-C100を選ぶといいですね。

▼高機能モデル「JPV-A100」はこちら

▼基本モデル「JPV-C100」はこちら

▲目次へ戻る

JPV-A100とJPV-C100ではどちらの炊飯器を選ぶべき?

JPV-A100とJPV-C100の違いをふまえて、どちらの炊飯器がおすすめなのか紹介しますね。

JPV-A100が適している人

  • 白米の炊き方を細かく設定したい
  • キッチンに合うホワイトカラーの炊飯器
  • 土鍋で炊かれたような味わい深いご飯を楽しみたい

以上のような人には、JPV-A100がおすすめです。

JPV-A100は「遠赤5層土鍋蓄熱コート釜」を採用。

米の炊き分け機能も豊富です。

より美味しいご飯を味わいたい人は、JPV-A100を選んでくださいね。

JPV-C100が適している人

  • 基本的な機能で満足できる
  • コストパフォーマンスを重視する

以上のような人には、JPV-C100がおすすめです。

JPV-C100は基本的なメニューは揃っています。

JPV-A100よりも価格が安いです。

コストパフォーマンスを優先するなら、JPV-A100の方が向いているでしょう。

▲目次へ戻る

JPV-A100とJPV-C100の共通する特徴

JPV-A100とJPV-C100の共通の特徴を解説します。

①:圧力炊き

JPV-A100とJPV-C100では「圧力炊き」が採用されています。

1.25気圧の圧力と106度の高温で、米の甘みと粘りを最大限に引き出しますよ。

②:旨味粒立ちプログラム

JPV-A100とJPV-C100には「旨味粒立ち炊飯プログラム」が搭載されています。

米の吸水を最適化し急激に温度を上げることで、甘みが増すもちもちのご飯を実現します。

③:粒立ち保温

JPV-A100とJPV-C100には「粒立ち保温」を搭載しています。

蒸気センサー機能により炊飯時に発生する蒸気を検知し、保温中の温度を適切に調整します。

ご飯の水分が逃げるのを防ぎ、炊きたてのような弾力と光沢を長時間維持できますよ。

▲目次へ戻る

JPV-A100とJPV-C100の特長とおすすめポイント

この記事ではJPV-A100とJPV-C100の圧力IHジャー炊飯器の違いについて解説しました。

両モデルとも、

  • 圧力炊き技術
  • 旨味粒立ち炊飯プログラム

を備えており、どちらも優れた炊飯機能を持っています。

JPV-A100は「遠赤5層土鍋蓄熱コート釜」を使用し、土鍋で炊いたような高品質なご飯を楽しめます。

お米の味にこだわりたい人は「JPV-A100」を選びましょう。

JPV-C100は基本的な機能が揃っていて、価格もJPV-A100よりも安価です。

少しでも価格を抑えたい人は「JPV-C100」を選ぶといいですね。

▼高機能モデル「JPV-A100」はこちら

▼基本モデル「JPV-C100」はこちら

▲目次へ戻る