PR
※本記事はプロモーションを含みます。

個人宅の電話番号を探す方法!インターネットを使った検索のコツを紹介

個人宅の電話番号を探す方法!インターネットを使った検索のコツを紹介のアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

この記事では固定電話の使用が減少する中で、個人宅の電話番号を見つける方法を詳しく調査しました。

近年はスマートフォンの普及により、多くの家庭が固定電話を使わなくなっています。

しかし緊急時には、やはり固定電話が重要になることがあります。

まりも
まりも

結論から言うと、名前や住所が分かれば、専用の検索サイトを使って個人宅の電話番号や住所を見つけられますよ。

緊急時に備えて連絡先を確認したい方は、この記事の内容をご覧ください。

スポンサーリンク

個人宅の電話番号を調べるなら、どの電話帳サービスが適切か?

個人で電話番号を調べる方法として、

  • タウンページ
  • ハローページ

があげられます。

しかしタウンページは企業や業種別の情報を扱うため、個人の番号は掲載されていません。

個人宅の情報を探す際は、ハローページのようなサービスが適しています。

ハローページで個人宅の電話番号を探す

ハローページには個人宅の電話番号が掲載されており、これを基にした有料の検索サービスが主流です。

かつては「エンジェルライン」というNTTの無料サービスもあったんですが、2011年に廃止されました。

まりも
まりも

現在は有料サービスが中心ですが、無料で使える範囲もありますので、試してみる価値はあります。

ハローページの配布は既に終了

ハローページは2021年以降、順次配布が終了しています。

新たにハローページを入手する方法は、NTTに直接問い合わせるなど限られています。

でも104番の電話番号案内サービスは、引き続き利用可能です。

まりも
まりも

住所がある程度わかっているなら、104で問い合わせると良いでしょう。

スポンサーリンク

インターネットを活用した個人宅の電話番号の検索方法

次にインターネットを活用した検索方法を紹介しますね。

オンライン電話帳サービスの利用

ハローページのデータを基にした「電話帳検索・実(みのる)」というサービスがあり、過去数年間のデータを元に検索可能です。

住所または名前を入力して検索することができますよ。

GoogleやYahoo!での検索

名前や地名、そして「電話番号」というキーワードを使って、GoogleやYahoo!で検索する方法もあります。

住所があいまいでも、都道府県名を入力するだけで検索できる場合があります。

「ネットの電話帳-住所でポン!」アプリ版の利用

もしウェブ版で見つからない場合は、「ネットの電話帳ー住所でポン!」のアプリ版を試すのも良いでしょう。

このアプリでは、2019年版までのデータにアクセスできます。

月額480円の利用料が発生しますが、目的の電話番号を見つけられれば、その価値はあります。

まりも
まりも

目的が済んだら、しっかりと解約しましょう。

フェイスブックを利用する

フェイスブックでは実名登録が基本です。

知り合いのフルネームが分かっていれば、検索窓に名前を入れて検索できますよ。

プロフィールを通じて本人であるかを確認し、直接メッセージを送ることも可能です。

スポンサーリンク

インターネット以外の方法で個人宅の電話番号を調べる

最後にインターネット以外で個人宅の電話番号を調べる方法を紹介します。

NTTの番号案内「104」の利用

オンラインで見つからなかった場合は、NTTの番号案内サービス「104」を利用するのも一つの方法です。

通話料金はかかりますが、正確な情報を素早く得られます。

図書館でハローページを閲覧する

多くの図書館では地元のハローページを閲覧できます。

全国の電話帳を閲覧できる施設もあるので、事前に確認して訪れると良いでしょう。

まりも
まりも

ただし借り出しはできないため、その場で情報をメモってくださいね。

ハローページを購入する

ハローページはNTTから直接購入することも可能です。

固定電話の契約があれば無料で入手できます。

でも契約がない場合は、有料で購入することになります。

探偵に依頼する

最終手段として、探偵に依頼する方法もあります。

探偵は名前やおおよその住所から、詳細な電話番号や住所を調査できます。

まりも
まりも

しかし費用は比較的高額になるため、他の方法で見つからない場合に検討してください。

まとめ

個人宅の電話番号を調べる方法は多岐にわたります。

まずは無料のオンラインサービスを試してみましょう。

それで見つからなければ有料サービスや、他の手段を試すことをおすすめします。

また、時代とともに固定電話の利用が減少していることを考慮し、電話以外のコミュニケーション手段も視野に入れることが重要です。