PR
※本記事はプロモーションを含みます。

ツユクサに毒性はある?【犬や猫にはNG】特徴や花言葉を解説

ツユクサに毒性はある?【犬や猫にはNG】のアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

「ツユクサとはどんな植物なの?」

「ツユクサに毒性はあるの?」

「ツユクサにはどのような種類が存在するの?」

まりも
まりも

ツユクサについて名前は聞いたことがあるけれど、詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。

実は、ツユクサには知られざる魅力がたくさん隠されています。

この記事ではツユクサの基本情報から花言葉、毒性があるのか、料理での活用方法を紹介します。

ツユクサに関する興味深い情報を発信しているので、最後までぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ツユクサについての概要 

ツユクサに関する情報や特徴、魅力を解説していきます。

ツユクサとは

ツユクサとは、ツユクサ科に属する一年草です。

一年草とは
種から花が咲き、種を残して一年以内に寿命を終える植物のこと。

日本各地でよく見られ、

  • 田んぼの周り
  • 道沿い

などで、目にすることがとくに多いです。

日光を好む性質があり、陽の当たる場所で美しい花を咲かせます。

そのため、時には雑草として扱われやすいです。

まりも
まりも

夏が主な開花期で、見た目は朝顔に似ているため、ツユクサの名前がつけられたと言われています。

ツユクサの特徴

ツユクサの特徴として、花の開花時間が非常に短いです。

「夜明けに咲き始め、夕方にはしぼんでしまう」という一日花として知られています。

一日花としての理由も、名前の由来の一つとされています。

またツユクサは

  • 蛍草(ぼたるぐさ)
  • 藍花(あいばな)
  • 青花(あおばな)
  • 移草(うつしぐさ)
  • 帽子花(ぼうしばな)

など、別名がありますよ。

ツユクサの見た目

ツユクサの平均的な高さは15cm~30cm程度で、大きさには個体差が見られます。

色のバリエーションも、

  • ピンク
  • むらさき

など豊かです。

ツユクサに込められた意味

ツユクサの花言葉は色によって異なります。

ツユクサ、共通の花言葉尊敬、変わらぬ思い、懐かしい関係
ムラサキツユクサ一時の幸せ、尊敬
白いツユクサわずかな楽しみ、豊かな喜び

とくに「懐かしい関係」という花言葉は、昔の植物学者たちの深い友情から名付けられたと言われていますよ。

古典文学におけるツユクサの存在

日本の古典文学「万葉集」にも登場し、

  • 月草
  • 鴨頭草

と記されており、「つきくさ」と読まれています。

日本の文化と長い歴史を共にしてきたことがうかがえます。

万葉集に詠まれた歌では、ツユクサの儚さや短い生涯が詩的に表現されていますよ。

恋愛における、

  • 心の移ろい
  • 感情の変化

を象徴する植物として用いられていたようです。

ツユクサについて、多面的な魅力や歴史的背景を持つことが見て取れます。

まりも
まりも

日本の自然に身近に存在しながらも、短い開花時間と美しい花言葉には、多くの人々の心を惹きつけてやまない魅力がありますね。

▲目次へ戻る

ツユクサの毒性に関する真実

ツユクサに関しては、種類によって毒性の有無が話題になります。

色とりどりのツユクサの中でも、代表的な種類「ムラサキツユクサ」と「トキワツユクサ」の毒性に関する情報を紹介します。

ムラサキツユクサの毒性

ムラサキツユクサに毒があるかどうかについては、明確な答えは得られていません。

一部では、摂取すると苦味が感じられると報告されており、毒性がある可能性が指摘されています。

ただし、刺激性の強い味や渋み、青臭さはないとされています。

まりも
まりも

人に対しての直接的な害は確認されていません。

しかし犬や猫などのペットに、アレルギー反応を引き起こすケースが報告されています。

ペットを飼っている方は、散歩中にツユクサを食べないように見守りましょう。

トキワツユクサの毒性

トキワツユクサに毒が含まれているかについては、現在のところ明確な情報はありません。

一般的なツユクサとは違って、食用に適していないとされています。

また犬や猫のペットには、軽度の毒性があります。

したがって、トキワツユクサは摂取を避けましょう。

▲目次へ戻る

ツユクサを利用した食文化

ツユクサは他の野草に比べてアクが少なく、調理しやすい特徴を持っています。

さまざまな料理方法が可能です。

たとえば、

  • おひたし
  • 胡麻和え
  • 青菜炒め
  • 天ぷら

などに活用できます。

また新鮮な新芽は、サラダとして生で食べられますよ。

まりも
まりも

調理前に水にさらしましょう。

ツユクサの汎用性の高さから、さまざまな料理に野菜として取り入れられます。

また鮮やかな見た目は、

  • 飲み物
  • 料理の装飾

にもぴったりです。

彩り豊かな食卓を演出するのに最適ですよ。

▲目次へ戻る

生薬としてのツユクサ

ツユクサは食用としてだけでなく、生薬としても使われています。

ツユクサの全草を日干しにしたものは「オウセキソウ」と呼ばれ、民間療法でよく用いられています。

ツユクサ由来の薬効

オウセキソウには、

  • 熱を下げる
  • 炎症を抑える
  • 下痢止めの効能

があります。

上記の症状がある時には、ツユクサを煎じて飲むことが一般的です。

また皮膚に直接塗用する場合には、ツユクサを粉末状にして使用します。

まりも
まりも

さまざまな症状に対応可能な万能薬と言えますね。

▲目次へ戻る

まとめ

この記事の要点をまとめます。

  • ツユクサとは、ツユクサ科に属する一年草
  • 紫色や白色など、さまざまな色の種類が存在する
  • 万葉集にも記述され、日本人に親しまれている歴史がある
  • ムラサキツユクサやトキワツユクサは、犬や猫などのペットに毒性の報告がある
  • 料理に用いると美味しく、多種多様なメニューに活用できる
  • ツユクサの全草を日干しにしたもの、生薬として使われている

普段目にするツユクサですが、食用や薬用としての魅力もあるため、興味があればぜひ試してみてください。

ただしペットと暮らしている方は、ツユクサを食べさせないようにしましょう。

▲目次へ戻る