PR
※本記事はプロモーションを含みます。

冷やし中華麺と焼きそば麺の違いを解説|代用するテクニックを紹介

冷やし中華麺と焼きそば麺の違いを解説のアイキャッチ画像 豆知識
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

「冷やし中華と焼きそばの麺、どう違うの?」

「冷やし中華の麺を焼きそばに使っても大丈夫?」

この記事でそんな疑問が解決します。

冷やし中華と焼きそば、どちらも中華麺を使った料理ですが、実は微妙に異なる特徴があります。

まりも
まりも

一見同じに見えるこれらの麺がなぜ別々に売られているのか、その理由を掘り下げます。

さらに、もし手元に一方の麺しかない場合の代替方法についても詳しく説明していきます。

この記事を読めば、冷やし中華と焼きそばの麺の違いがよくわかり、どちらかが不足している時の代用法をマスターできますよ。

スポンサーリンク

冷やし中華麺と焼きそば麺の違いについて

冷やし中華と焼きそばの麺は、どちらも中華麺の一種ですが、調理法には大きな違いがあります。

二つの麺がどう使い分けられているのか解説します。

生で提供される冷やし中華麺

冷やし中華用の麺は、生の状態で市場に出回っています。

なぜなら麺を茹でた後に冷やすことで、麺の弾力を保持しやすいため。

生麺は絡まりやすいため、茹でる際には粉を振りかけておくことが一般的です。

まりも
まりも

麺が絡まずにスベスベとした食感を楽しめます。

とくに暑い季節に求められる冷やし中華では、麺の滑らかな食感が重要視されます。

そのため、茹でる必要がある生麺が、冷やし中華麺として好まれるのです。

事前に加熱された焼きそば麺

焼きそば用の麺は、ほとんどが加熱処理済みで販売されています。

なぜかというと、麺を炒める目的は具材やソースとの絡みを良くするため。

もし焼きそば用の麺が生麺だった場合、加熱後に具材と一緒に炒めなければなりません。

焼きそば用の麺を茹でてから、油で軽くコーティングすることで、炒めた時に麺がほぐれやすくなっています。

まりも
まりも

実際に焼きそば用の麺に触れると、手がベトベトしますね。

まとめると、焼きそば用の麺は手軽に調理できるように、事前に加熱されているのです。

▲目次へ戻る

冷やし中華麺を焼きそばで活用するテクニック

焼きそばを冷やし中華麺で作る方法を解説します。

茹でられた冷やし中華麺を活用する

既に茹でられた冷やし中華麺を、焼きそばへの代わりとして使う方法は簡単です。

  • 麺が冷たい場合は、電子レンジで約10秒温める

  • 肉や野菜を炒める際は、通常よりも多めの油を使う

  • 中華麺には油が塗られていないため、炒めている間に麺が固まりやすく破れやすい

上記のポイントを守れば、冷やし中華の麺でも美味しい焼きそばが作れます。

冷やし中華の麺は、焼きそば用の麺に比べて細いことが多いため、細麺が好みの時に最適です。

生麺の冷やし中華麵を活用する

生麺の冷やし中華麺を焼きそばに使用する場合は、蒸し工程が必要になります。

  • 蒸し器の底にサラダ油を薄く塗る

  • 麺をドーナツ状にして蒸し器にのせる

  • 蒸した後、約1分間茹でる

  • しっかりと水気を切ったら、焼きそばに使用する準備完了

蒸すことで麺が適度に加熱され、茹でる時間を短縮しても生っぽさが残りません。

もし蒸す前に麺を茹でると以下のようになるため、蒸し工程が大切なんです。

  • 麺が柔らかくなりすぎる
  • 水分でべちゃべちゃになる

蒸してから麺を茹でると、美味しい焼きそばを味わえますよ。

▲目次へ戻る

焼きそば麺を冷やし中華で活用するテクニック

焼きそば麺を冷やし中華の代わりとして使うには、

  • 麺を茹でる
  • 冷たい水で締める

だけでOKです。

焼きそば麺に塗られている油も、茹でる過程で落ちますよ。

まりも
まりも

ただし、茹でる時間には注意が必要です。

元々柔らかい焼きそば麺を茹ですぎると、食感が損なわれます。

冷やし中華用の麺に近づけたい場合は、茹で時間を約30秒に抑えてください。

麺は伸びやすい性質があるため、完成後は早めに食べましょう。

▲目次へ戻る

冷やし中華と焼きそば麺の差異と代用ガイド

この記事の要点をまとめます。

冷やし中華麺と焼きそば麺の違いは、以下のとおりです。

  • 冷やし中華麺は生麺で粉を振ってある
  • 焼きそば用麺は加熱処理されていて、油が塗られている
  • それぞれの麺は調理前に茹でるか、直接炒めるかの違い

麺の代用を試す際は、これらの特徴を念頭に置くことが重要です。

代用方法の手順を解説します。

  • 冷やし中華麺を焼きそばで使用する場合、必要に応じて麺を蒸してから炒める
  • 焼きそば麺を冷やし中華で使用する場合、茹で時間を短くし、冷水でしめる 

上記の手順により、どちらの麺も代用できますので不足している時は、上記の代用法を試してみてください。

▲目次へ戻る