PR
※本記事はプロモーションを含みます。

【比較】ヒューロムH400とH-200の違いは5つ!どちらのスロージューサーがおすすめ?

【比較】ヒューロムH400とH-200の違いは5つのアイキャッチ画像 商品比較
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

この記事ではヒューロムのスロージューサー「H400」と「H-200」との違いを紹介します。

新モデル「H400」と旧モデル「H-200」の大きな違いは「搾汁方式」の変更です。

  • H400:手間いらずのスクリューとフィルター一体型を採用
  • H-200:フィルター交換による細かな調整ができる

さっそく試したい人は楽天などの公式ショップを、詳しい比較情報を知りたい人はこの記事を読み進めてください。

▼新モデル「H400」を検討する人はこちらから

▼旧モデル「H-200」を検討する人はこちらから

スポンサーリンク

【比較】ヒューロムスロージューサーH400とH-200の違いは5つ

H400H-200
H400の前画像H-200の前画像
公式価格約66,000円約50,000円
ホッパー部容量2000ml2000ml
ドラム部容量500ml350ml
搾汁方式マルチスクリュー方式フィルター方式
スクリュー回転数90回転/分50回転/分
電力量150W200W
サイズ幅16.9cm
高47.1cm
奥26.1 cm
幅17.6cm
高44.5cm
奥28.6cm
重さ6.7kg6.5kg
カラーチタングレー
ワームホワイト
ダークグレー
ホワイト
発売日2023年9月1日2020年8月1日

旧モデルH-200から新モデルH400へモデルチェンジしたことで、以下の5つが違います。

  • H400はスクリューとフィルターが一体型になった
  • H400はスクリューの回転速度がアップ
  • ドラム容量はH400の方が多い
  • H400の方がよりスタイリッシュなデザインになった
  • H-200の方が約15,000円安い

一番の違いは「搾汁(さくじゅう)方式」が変わったことですね。

それをふまえて、一つずつ解説しますね。

比較①:H400はスクリューとフィルターが一体型になった

H400H-200
搾汁方式マルチスクリュー方式フィルター方式

新モデルH400では、スクリューとフィルターが一体化した「マルチスクリュー方式」を採用しています。

この変更は、以下の2つのメリットが生まれました。

  • 部品の分解や手入れが簡単になった
  • フィルターの選択がなくなった

さまざまな野菜や果物も、同じ処理してくれるため、フィルターを変える手間が軽減されました。

ただし旧モデルH-200には、以下の3つのフィルターが付いています。

  • 細目フィルター
  • 粗目フィルター
  • フローズンフィルター

野菜や果物でフィルターを変えれば、粒度の調整ができますね。

まりも
まりも

この搾汁方式の違いが大きな変化ですね!

比較②:H400はスクリューの回転速度が50回転→90回転アップ

H400H-200
スクリュー回転数90回転/分50回転/分

新モデルH400はスクリューの回転数が「50回転→90回転」へ大幅アップしました。

H400はよりパワフルに搾汁できます。

  • 繊維が多い食材
  • 葉物野菜

なども、スムーズにジュースにできますね。

比較③:ドラム容量はH400の方が多い

H400H-200
ドラム部容量500ml350ml

新モデルH400モデルでは、ジュースを絞る部分のドラム容量が「350ml→500ml」にアップグレードされました。

一度にどれだけジュースを作れるかは、家族の人数に合わせて選ぶのもいいですね。

たとえば、

  • 一人暮らし:200ml~300ml
  • ご夫婦:400ml~600ml

が目安となります。

家族構成やライフスタイルに合わせて選びましょう。

比較④:H400の方がよりスタイリッシュなデザインになった

H400H-200
前画像H400の前画像H-200の前画像
横画像H400の横画像H-200の横画像

新モデルH400の方が、よりシンプルなデザインになりました。

特に変更された部分は以下の2つです。

  • フィルター部分が見えなくなった
  • 持ち手が背面に変更

本体の凸凹感がなくなり、シュッとしたデザインになりましたよ。

比較⑤:H-200の方が約15,000円安い

H400H-200
公式価格65,780円49,990円
発売日2023年9月1日2020年8月1日

旧モデルH-200の方が、約15,000円安いです。

予算を考える人にとっては、注目するべき点ですね。

▼新モデル「H400」を検討する人はこちらから

▼旧モデル「H-200」を検討する人はこちらから

▲目次へ戻る

ヒューロムのH400とH-200ではどちらを選ぶ?

ヒューロムの新モデルH400と旧モデルH-200のどちらを選ぶべきか紹介しますね。

最新機能を求める方は新モデル「H400」

  • 家電は最新モデルが良い
  • お手入れの手間を減らしたい
  • スタイリッシュなデザインを好む
  • よりパワフルなジュースを楽しみたい
  • 一度にたくさんのジュースを作りたい

新モデルH400は多くの点でグレードアップしています。

最大の魅力は一体型になった搾汁方式です。

フィルターの交換もせずに、さまざまな野菜や果物を処理できます。

メンテナンスも簡単にできるのも魅力ですね。

まりも
まりも

予算に余裕があるなら、H400の方がいいでしょう。

予算を重視する方へは旧モデル「H-200」

  • 一人暮らしの人
  • 予算を抑えたい
  • 容量は少なくてもいい
  • フィルターを交換して粒度の調整をしたい

旧モデルのH-200は、価格面でのアドバンテージが大きいです。

フィルターの交換ができることで、ジュースの飲み口を調整できます。

まりも
まりも

少しでもコストを抑えつつ、高品質なジューサーを手に入れるなら絶好のチャンスですね。

▲目次へ戻る

まとめ:ヒューロムのスロージューサーH400とH-200の違いは5つ

ヒューロムのスロージューサー新モデル「H400」と旧モデル「H-200」の違いについて解説しました。

新モデルH400はスクリューとフィルターが一体型になったことで、

  • フィルター交換の手間がなくなった
  • お手入れも簡単になった

ということは大きなメリットですね。

スクリューの回転数もアップし、よりパワフルに搾汁できます。

まりも
まりも

少しでも作業負担を減らしたい方にとっては、H400が魅力的でしょう。

H400を実際に使っている人たちの口コミを以下の記事にまとめたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

>>ヒューロムスロージューサーH400の口コミや評判を紹介!使い方を解説

一方、旧モデル「H-200」は複数のフィルター交換することで、あなた好みの食感のジュースを飲めます。

日々のジュース作りには十分過ぎるほどの能力を備えています。

まりも
まりも

コストパフォーマンス重視の方にとっては、H-200がおすすめですね。

▼新モデル「H400」を検討する人はこちらから

▼旧モデル「H-200」を検討する人はこちらから

▲目次へ戻る